【社員インタビュー:鈴木 尚美さん】「未経験アルバイト」から「第1号の新卒採用エンジニア」へ〜新卒プログラマー

今回の社員インタビューは、エンジニアとして活躍中の鈴木尚美さんにお話を伺いました。
プログラミングほぼ未経験のアルバイトとして働き始めた彼女は、ぐんぐん成長して新卒社員第1号、今ではテックリード候補として主要プロダクトを担う重要な存在として活躍しています。そんな彼女が成長してきたこれまでや、なぜキュア・アップに入社したのかを伺いました。

                                 
 学生時代、何を学んでいましたか?      
大学は東北大学の理学部・物理学科に在学していて、そこで電磁気学を専攻していました。卒業研究のテーマはオーロラのもとになる電子の運動のシミュレーションについてでしたね。

キュア・アップで勤めようと思った理由・きっかけは何ですか?
新卒で入ろうと思った会社には、事業内容を重視していたのはもちろんですが、もう一つ、メンバーの雰囲気や、会社の持つ雰囲気をちゃんと自分の目で見てから入りたいなと思っていました。
そんな2014 年の秋頃、東北大学で当時研究していた鈴木さん(弊社CDO)と出会い、キュア・アップを知りました。キュア・アップでアルバイトを始めたことをきっかけに、キュア・アップの持つアカデミックな雰囲気がとても良いなと思いました。 “意思決定に根拠があり、議論をするときにお互いに尊敬の念を持ちつつ、遠慮なく納得いくまで議論ができる職場の雰囲気”がありました。

キュア・アップでのお仕事を教えてください。
「禁煙治療(ニコチン依存症治療)アプリ」の開発に携わっています。以前は、アプリのUI(見た目)を作ることがメインだったのですが、最近はアプリ内部の設計や、データのフロー設計などにも関わっています。
キュア・アップはフロントエンド、サーバーサイドどちらも同じ言語で開発しているので、フロントエンド・サーバーサイドといった境を設けず、領域をまたがって一貫した構築ができることも面白いと感じています。
不具合が起きたときも、最初は鈴木さんたちに教えてもらってという感じでしたが、段々と自分で問題を特定して、解決することができるようになってきました。チームメンバーとすり合わせて、協力して解決していくことも多くあります。

プログラミングは大学時代からしていたのですか?
そうですね、3年くらい前から始めました。個人的にやりたいなと思っていたのですが、そもそもパソコンを買うといった、プログラミングするために不可欠な環境を整えるところで挫折していました。
そんな時に鈴木さんと出会って環境を整えてもらい、独学と教わりながらで始めていきました。
実は、プログラミングをやるまでタイピングもできなかったんですよ(笑)
プログラミングを書きますってなってから、1 ヶ月くらいはずっとタイピングの練習をしていました。スタート地点はそんなところでした(笑)

プログラミングを仕事にしようと思ったのは?
実際にプログラミングを初めてみて、「結構楽しいな」と思いました。最初はプログラミングを仕事にしようとは思っていなかったのですが、案外出来るぞ、と思ったのと、キュア・アップで色々やらせてもらえることが増えていくうちにやりがいも出てきて、プログラマーとして極めてみたい!と思うようになっています。

やりがいや苦労することはありますか?
キュア・アップの場合、「自分の作ったアプリが患者さんの命を数う」という世界を目指すことができます。「自分の作ったアプリが誰かの命を支えている」と思えることは、とてもやりがいを感じます。
普段オフィスで患者さんと直接関わることはないのですが、臨床の現場で見学させて頂く際に患者さんからご意見を伺ったり、臨床現場で使って頂いている医師の方からポジティブなフィードバックを頂けると、本当に頑張って良かったなと思います。

大変なことは、「ソフトウェアが動くことは当たり前」と思われていて、みんなスムーズに動いて当然!と思っているじゃないですか。
けれど、「当たり前に動く」ということは意外と大変だということを感じます。どうしてもバグは出てしまったりするので、、、過去に医師の方から厳しいご指摘を受けることもありましたし、まだまだ大変さを感じるところです。

他のエンジニアの方々と仕事をしていて大変なことは?
最近は減ってきましたが、入社した当時は本当に基礎知識があまり無かったので、サーバーやインフラの用語が出てきたり、設計に関する単語が出てきたりすると分からないことが多くありました。
その時は分かっているふりをして、裏でこっそり調べながら何とかついていく、みたいな。でも、それを一年くらい続けていたら理解できることが増えて、楽になっていきましたね。
 キュア・アップに入った時と今の雰囲気は?
全然違います。最初は5、6 人規模でこぢんまりと仲良くやっていたのですが、今は人数も増え、事業計画や開発計画を意識しながらスピード感を持って進められていて、「すごく成長しているな」と感じます。
最初はプロダクト開発に専念していればいい、という感じでしたが、今は医師、看護師、薬剤師、臨床開発・薬事といった方面のプロの方が入られて、医療専門の言葉が飛び交うようになり「医療の会社なんだな」と感じるようになってきました。
人数もここ一年でとても増えて、どんどん各方面のプロフェッショナルの方が増えて、色々な分野のお話が聞けたり議論を交わせるのは、すごく楽しいですね。

趣味や特技はありますか?   
ソフトウェア以外でも物を作ったり手先を動かすことが好きで、洋服を作ったりします。最近は教室に通って靴を作りました。今日(インタビュー時)着ている服も靴も作ったものなんですよ。ジャケットは通いながらなので一ヶ月くらい掛かっちゃいましたけど、ブラウスは一日あれば作れちゃいます!(笑)
* ブルーで統一されたこちらのお洋服と靴は尚美さん作

これから挑戦してみたいことは?
仕事に関しては、「人をまとめる立場」になれたらと思うようになってきました。
これまでは指示を受けてプログラミングを書く、ということが多かったのですが、禁煙治療アプリのプロジェクトで小さいモジュールでリーダーとして動くことがあったんです。その時に、意外と自分でも出来るのだと思いました。次は、もっと大きなプロジェクトのリーダーとして、チームを引っ張れたらと思います。
また、個人的には、他の分野でも専門性も持てたらと思っています。キュア・アップにいる人たちは、「医療と経営」、「医療とプログラミング」といった複数の専門性を併せ持って独自の価値を生み出している方が多いと思っています。そういう環境にいると、自分も「プログラミング x 何か」を身に着けられたらいいなと思っています。

禁煙アプリの治験が始まって感じることはありますか?
新しいフェーズに入り、「日本初」といった事例を生み出せたことはとても大きな達成感がありますし、今後の展開がすごく楽しみですね。
 − https://www.wantedly.com/companies/cureapp/post_articles/80349
普通のアプリであれば、スモールローンチで反応を見てPDCAを回してスケールさせていく、という手法が取れますが、医療で、しかも治験に入るということはそれができないということになります。そうした医療特有のルールに則った開発をしなければいけないので、そういった部分では少し不安もありますね。
治験で良い結果が得られ、禁煙アプリがより多くの患者さんのお手元に届き、命を救うことに貢献できる事を願っています。

最後に新卒の人へ一言お願いします
キュア・アップでは、新卒でも中途入社の方でも、みんな対等にコミュニケーションを取る環境が自然とあります。
これは自分の意見を持っていたり、やりたいことがある人にとってはすごく挑戦しやすい環境だと思っています。どんどん大きな課題を任せてもらえるので、新卒でも挑戦したいことがある人は一度オフィスに遊びに雰囲気を見に来てくださいね!


今回のインタビューは、学生時代からアルバイトとしてキュア・アップでお仕事を始め、新卒採用で社員となった鈴木尚美さんにお話を伺いました。

プログラミングを始めた頃はタイピングもできなかったという、今では信じられないほどの貴重なお話もいただきましたが、洋服や靴まで器用に作ってしまう尚美さんだからこそできたのかもしれません。今後プロジェクトを引っ張るリーダーとしての成長と活躍が、ますます楽しみです!


このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【メディア掲載】日刊薬業〜国内初「治療アプリ」の治験10月開始へ〜