【インタビュー】看護師として小さな命を救う日々からベンチャーへ 〜一人一人の大切な命に向き合いたい〜劉 詩卉

詩人のように表現豊かで、花卉(植物)のように生命力の溢れるようにとの思いを込め、詩卉と名付けられた弊社の劉は、オフィスでもその人柄や花のような笑みに自然と周囲に人が集まります。 看護師として、日本の医療の最前線で活躍してきた彼女が、どうしてベンチャー企業への転職を決意したのでしょうか。
 
キュア・アップが提供する、専用アプリとオンライン指導を組み合わせた「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」の指導員として、一人一人に親身に寄り添う指導をしている、劉のストーリーをお届けします。
 
 

語学を活かせる通訳かCAを目指していた

ー看護師を目指したきっかけはなんですか?
 
出身は中国なのですが、小学校の頃から日本へ住み、母は看護師として働いていました。忙しく働き、留守がちな母を間近で見ていましたが、当時特に医療への興味は持っていませんでした。語学を生かして通訳の仕事かCA(キャビンアテンダント)になろうと思っていました。でも、大学卒業後の進路を真剣に考え始めた時、「手に職」をつけたいと思うようになったんです。その時に「医療」全世界共通、身につければ世界中の人を救える仕事なのだと考え直し、母と同じ道に進もうと決めました。
 
ー看護師として働いた4年間はどんな日々でしたか?
 
看護師として国立国際医療研究センター病院のNICU(新生児集中治療室)やGCU(新生児治療回復室)、小児科外来で勤務をしていました。出生体重2300g未満の低出生体重児および36週未満の早産児の成長を見届け、退院への管理も担当していました。幼い命を扱う日々は本当に神秘的でした。その一方で、とても神経を使う職業でもありました。
その他にも、海外からの患者さんも多かったので、言語を活かし対応したり、実際にカンボジアへ看護支援に行く機会もありました。
 
ー大変な一方、やりがいも多く感じる看護師。転職のきっかけは?
 
看護師として様々な業務に携わって行く中で、自分は人に何かを伝えたり、指導することにやりがいを感じると気づいたんです。赤ちゃんが退院した後に自宅でどう過ごしていくのか、赤ちゃんとその家族へ指導や管理をすることは、NICUやGCUで重要な仕事の一つでした。それぞれの家庭環境にあった指導やアドバイスをできることに、とてもやりがいを感じていました。
 
と同時に、大きな病院だったこともあり、自分で何かを考え実際にそれを行動に起こすには少し時間がかかることにもどかしさを覚えていました。やりたいことをすぐに行動に移して困っている人に届けられたら、と思い始め、転職を考えるようになりました。
 
ー転職は看護師を辞める決断だったのですか?
 
病院からは離れようと思ったんですが、看護師の資格を違う形でいかせたらいいなと漠然と思っていました。でもなかなかこれだ!という仕事、職場は見つからず、かといって看護師を辞めたくないという中で、迷いながらの転職活動は長かったですね。
 
 

禁煙への強い思いが、キュア・アップとの出会いに

ーキュア・アップとの出会いはどんなものだったのでしょうか?
 
転職活動をしている時に、偶然キュア・アップを知ったんです。実際面接に行く時まで、どんな会社なのかも詳しくは分からなかったのですが、「禁煙」「治療アプリ」というワードに惹かれました。「アプリで治療って何?」と。特に禁煙には、個人的な思いが強くて。
 
ー「禁煙」に対する強い思いとは?
 
実は父がヘビースモーカーだったんです。私はもともとタバコの煙も嫌いで、近くで吸われると体調も悪くなってしまって。だから父には何度も、タバコをやめるように言い聞かせたりしていました。それでもなかなかやめることができず、子供ながらにそれが理解できなかったんです。祖母(父の母)が肺癌で亡くなり、父はその時にタバコを辞めました。きっととてもショックだったのだと思います。それなのに、しばらくしてまた喫煙してしまうようになりました。それが本当によく分からなくて。「タバコ」に対する思いは、とても複雑でした。
 
ーキュア・アップへ入社しようと思った決め手は?
 
今まで「禁煙」に対して、実はあまり「医療」として捉えきれていなかった部分が、私自身にもありました。禁煙外来などで関わる看護師さん以外は、他の看護師さんでもそういう方が多いのではないのかなと。
でも、その認識不足が「禁煙」を難しくしているのでは、と思うんです。今まで理解しきれなかった「タバコ」への思いを、キュア・アップなら解決できるのではないか、私自身が看護師としてそのお手伝いをできるのではないかと、そんな風に思いました。あとは、面接に行った時の社風や面接官の雰囲気と人柄、そいうったものに惹かれて入社を決めました。
 

禁煙支援士として様々な思いに寄り添う

ー実際、指導員としての業務はどうですか
 
喫煙の背景にはその人その人の環境や考え方、状況が本当に様々に広がっています。一人一人と向き合い、意見を聞き、指導し良い方向へ導くことは、とてもやりがいがあり、この仕事が好きなんだなと感じています。大きな会社にはない、スタートアップならではの「自分たちで作り上げていく」勢いも感じられ、さらに海外進出という大きな夢へ向かって日々奮闘できることに幸せを感じています。
 
ー禁煙支援士という資格を取得したのですね
 
禁煙やニコチン依存症に関しては入社してから勉強をしました。約3ヶ月間の育成期間とプログラムがあり、その期間に様々なことを勉強したり、学会へ参加し、禁煙支援士の資格も取得しました。
 
実際に禁煙を指導する側には「手順書」や「方法」「医薬品」などがありますが、これらはあくまで一般論であり、個別化されているわけではありません。しかし、一人一人「喫煙する理由」も「禁煙する理由」も違います。だからこそ、個別化された指導が必要だと感じます。そのため、認知行動療法や動機づけ面接といった技法をこの期間に学べたのは、とても有意義だったと感じています。
 
ー個別化指導は、必要な一方とても大変な面もあるのではないでしょうか?
 
それぞれの方の想いを聞くことを大変だとは思いません。むしろ、とても楽しいと思います。よりその方の心に響く指導ができるよう他の指導員とも意見を交換したり、アプリをよりユーザーが使いやすいように開発部門と相談することもあります。できる限り、プログラムの参加者さんへ寄り添うことを心がけていますね。
 

個人にカスタマイズされた指導から導けるもの

ー今後の目標はありますか
 
有難いことに、すでに100人を超える方の指導に携わっており、とても多くの方が禁煙に成功されていることをとても嬉しく感じています。その方にあわせてカスタマイズされた指導を行っていることが役に立てている部分もきっとあると思いますし、さらにブラッシュアップさせ、ある程度のデータとしてまとめてみたいなと思っています。 個性はもちろん人それぞれですが、俯瞰的にデータとして捉えてPDCAを回していると、今まで見えていなかった傾向や気づきが隠れていたりするんです。そういった気づきを社内や社外の学会などで共有し、より多くの方が指導をしやすくする助けになれたらと思っています。
 
また、指導員としての指導だけでなく、色々な業務に携わり、世界を広げていきたいと思います。 コーポレート部門や事業開発チームと連携をして導入頂いている法人様のニーズを把握したり、学会では広報、プロダクトではエンジニア、といった様々な立場の方と多く関わりがあり、とても刺激になります。
 
より、この「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」を知ってもらい、使って頂き、一つでも大切な命を救うという目標に向けてで、みんなで協力をしていけたらなと思っています。
あとは海外進出に向けて、語学を活かすという夢も叶えたいです!

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動