【インタビュー】次の世の中に必要なものを自らの手で創り出したい〜ディレクター井上慎太郎の熱い思いとは〜



キュア・アップでascure卒煙プログラムやニコチン依存症治療用アプリのディレクターとしてプロダクトの開発を担当する井上慎太郎。日々の業務では会話を大切にし、会話の中からアイディアが生まれることも多いと話す。とても気さくで話しやすい彼の周りには、職種の壁がなく常に人が集まっている。そんな彼の目指すものとは一体何か、井上のストーリーをお届けします。

すごいと思える世界の研究に没頭した学生時代

ー前職からキャリアチェンジをしていますが、学生時代はどんなことをしていましたか?

大学から大学院では工学部情報学科にて無線通信の理論研究をしていました。今でこそ、スマホやメール、SNSは当たり前のものになっていますが、文字がどうやって相手に届いているかを考えたことはありますか?文字を電波にのせる処理は、僕たちが今まで積み上げてきた算数・数学でほぼ全てできているんです。自分が今まで受験戦争に沿ってぼんやり勉強してきたものがリアルの世界につながった瞬間。衝撃的でした。
 

研究テーマとは全く異なる、ソフトウェアエンジニアを目指した

ー就職を決める際、通信の分野に進む選択肢はなかったのですか?

学生時代の通信の知識を活かして通信系企業への就職や研究職も考えましたが、スパンが長い事業は自分には向かないと感じるようになりました。実世界にスピーディーに影響を与えるものを自分の手で作れるようになりたいと思うようになり、ベンチャー企業でソフトエンジニアとして働き始めました。そこでは企画から設計、開発、テスト、運用と一通り経験をしました。海外のエンジニアの人たちと仕事をする機会もあり、語学に苦労しながらもとても良い経験を積むことができました。

世の中を前に進めるプロダクトを創りたい

ーどうして転職を考えるようになったんでしょうか?

前職はかなり大きな組織になっていたので、より責任と権限のある環境で勝負したいと思い転職活動を始めました。必然的に少数精鋭のベンチャー企業を中心に見て回ったのですが、その中で自分の価値観も固まっていきました。「世の中を前に進めるプロダクトであるか」「ワクワクできるか」という2点が重要だと理解したのです。そしてその二つが満点だったのがキュア・アップでした。 「治療アプリ」と聞いた時、これから先の時代に打ち出すべき、可能性を秘めた重要なプロダクトだと感じ、同時にとてもわくわくしました。ぜひやってみたいと。 またCDOの鈴木に熱心にお誘い頂いたのも入社を後押しました。自分を必要としてくれている会社だと感じたのです。
 

キュア・アップではプロダクトマネージャーとして幅広く活躍

ーキュア・アップでのお仕事についてお聞かせください

今は、民間法人向けのモバイルヘルスプログラムである「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」をメインで担当しています。入社当初はアプリ開発のディレクターを担当していたのですが、今はアプリだけではなくascure卒煙プログラム全体のプロダクトマネージャーも任せて頂いています。キャリアや目標について経営陣と話すうちに、自分の進みたい方向性が見えてきたんです。一人一人のキャリアにきちんと向き合ってくれている、と感じました。 
 
ascure卒煙はアプリを使った法人向け禁煙プログラムですが、社内では、医師・薬剤師・看護師などの医療専門職、エンジニア、デザイナー、QA、事業開発等、広報など、多種多様な職種の人間が関わっています。加えて、外部には健康保険組合・企業人事部・プログラム参加者などこれまた多様なステークホルダーが存在し、複雑なビジネスになっています。そのため、アプリ開発に留まらない課題が山ほどあるんですが、非常にやりがいを感じています。 アプリの設計や開発スケジュールについてエンジニアと話し合ったり、指導方法やお客様への対応方針ついて指導員と協議したり、お客様へのバリューや売上利益など事業全体の戦略を立てたりと、様々な領域において目標を掲げ、事業を前に進める役割を担っています。大変ですが、刺激的な毎日です。
 
 

チームのパフォーマンスを最大化する

ーキュア・アップでプロダクトマネージャーとして働き始め、大切にしていることを教えてください

大切なのはチームパフォーマンスの最大化。キモは「コミュニケーション」です。キュア・アップではエンジニア・看護師・薬剤師・営業・マーケティング・会計士など様々な職種の混合チームで活動するので、エンジニアに囲まれていたころとは前提なる背景が異なります。それぞれの価値観を理解し、パフォーマンスを最大化するために「コミュニケーション」を大切にしています。背景が異なるメンバー同士でも、心理的安全性を担保し、期待値をすり合わせ、信頼しあえる関係性を築く、という点を最も意識して行動しています。
 
またプロダクトマネージャーとして活躍する上で、医療業界・マーケティング・会計など今までにはなかった新たなインプットが必要になっています。サービスに責任を持つようになったことで必要なスキルセットにも変化が生じ、自身も、もう一段階成長する必要があると感じています。

「まさに今熱い」ものを創る

ー最後に、キュア・アップの魅力を教えてください

3つあります。まず1つ目が、スピード感です。入社直後に社員の働き方について経営陣と議論したことがあるのですが、その後2〜3ヶ月で全社員にヒアリングをし、リモートワークやフレックスなどを制度に落とし込んで実施までこぎつけたスピード感に驚きました。正しいものを迅速に行える会社だと感じています。 
 
2つ目が、皆がプロフェッショナルであることです。それぞれがそれぞれの道で経験を積んで入社しているためか、自分の仕事に責任と誇りをもち、建設的な議論ができる方が多いと感じています。そのため、本当に解決すべき問題に集中できているなと感じています。 
 
3つ目が、「まさに今熱い」これから世の中に広めていく「治療アプリ」というプロダクトに関わることができることが、大きな魅力だと思っています。これからの世の中に必要となるものを自分の手で創る。これからもそんな熱い思いを持ち続けながら、開発に取り組んでいきたいと思います。

このブログの人気の投稿

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動