エンジニアが成長を実感し、楽しんで働ける強い組織を目指して




大企業からCureAppに転職した中村。最初こそ混沌とした状況にとまどいつつも、得意のマネジメント力を武器に環境を整え、自身の成長の糧にしてきました。

学びの連続だったというCureAppでの1年は、前職の3年分に匹敵するほどの成長を実感できたといいます。

その後、2019年には技術部の部長に。事業のステージアップにあわせて、エンジニア組織全体のパフォーマンス向上を担います。目指すのはエンジニアが成長を実感し、楽しみながら働ける強い組織。

CureAppに入社することで、自分自身の能力も開花したと話す中村に話を聞きました。

 

 





中村哲(なかむら さとる)
技術部 部長 エンジニアリングマネージャー

新卒で富士ゼロックスに入社。ソフトウェアエンジニアとして、自社サービスの開発に携わる。初めての転職でCureAppへ入社。様々なプロダクトにエンジニアとして関わった後、2019年11月より、技術部の部長を務める。趣味はボルダリング。富士ゼロックス時代に結婚し、1男1女あり。

 

 

入社の決め手は“人”だった

―― CureAppに入社するまでのご経歴と、入社のきっかけを教えてください。



大学では情報系の学部で学び、修士号を取得しました。その後、新卒で富士ゼロックスに入社し、複合機に関するクラウドサービスのソフトウェアエンジニアとして、アプリケーションの実装などを担当しました。

8年ほど勤めた後、2018年にCureAppに転職することにしました。


―― CureAppとは、どのように出会われたのでしょうか?


転職をしたいなと思っていたときにスカウトをもらって出会いました。モバイルのアプリで病気を治療するという所に興味がわきましたし、事業的にも技術的にもおもしろそうな会社だなと思いました。

初めてオフィスを訪問したときに、禁煙や高血圧などの生活習慣病をもつ患者さんにスマートフォンでアプローチするという手法を聞いて腹落ちしました。現代社会において、アプリケーションで治療をするという手法がすごく理にかなっているなと感じたのです。

技術的には、モバイルアプリもサーバーも全てを「JavaScript」で扱うという話を聞き驚きました。前職ではJavaScriptについて多少経験はあったのですが、モバイルアプリやサーバーサイドの実装をJavaScriptで行った経験はありませんでした。でも、転職して、エンジニアとしてのスキルや扱える幅を広げたいと思っていたので、成長に繋がりそうだなと思えました。



―― 大企業から、スタートアップに転職ということで、転職には勇気がいったのではないでしょうか。


そうですね。当時は子どもがすでに2人いて、妻も専業主婦という状況でした。年齢も32歳になっており挑戦には勇気がいりましたが、妻には逐一転職活動の様子を報告して応援してもらいました。

実は、他にも内定をもらっていた会社が複数ありましたが、最後は人で決めました。選考で出会った方々と話すうちに、この人たちと一緒に働いたら絶対おもしろい!波長が合いそうだ!と1番感じられたのがCureAppでした。




CureAppでの1年は、前職の3年分に匹敵する学びに


―― 素敵ですね。お仕事の内容についても教えていただけますか。


入社して初めて携わったプロダクトのチームでは、業務委託のエンジニアはすでに何人かいたのですが、私が初めて社員としてのエンジニアという状況でした。そのため、エンジニアをマネジメントができる人はいないし、何も整っていない状態でしたが、自分で選んだ会社だからという気持ちで頑張ることにしました。

自分自身がプログラミング実装をしつつ、業務委託の方たちのタスク管理も行い、エンジニア以外の方とコミュニケーションしながら仕事を進めました。

CureAppではSlackを用いてコミュニケーションするのですが、そういう経験も全く初めてでしたし、モバイルアプリを作るのも初めて。CureAppでの1年は、前職の3年分の成長スピードに匹敵すると感じるくらい、何もかもが学びでした。


―― 大変だったことはありますか?


それが、意外となかったですね。

やらなければいけないことは沢山あるし、それを誰かが整えてくれるような世界ではもちろんないので、全部、自分で整えていく。でも、そういう環境を選んだのは自分なのだからと思えば、自然に頑張れました。

大変さを、うまく自分の糧にできていたのかなと思います。「やったことがないことに出会っても、この機会にできるようになります」というマインドは、昔から大切にしてきたことです。


―― その後、エンジニアから技術部の部門長になられたんですよね。


2019年の11月に部門長になったので、1年4ヶ月ほどやっています。今はエンジニアとして特定のプロダクトのコードを書くような仕事はしていないので、部門長になってからは、転職するくらいの変化がありました。

エンジニアの採用もしますし、マネジメントやキャリアの相談に乗るようなメンタリングもします。人事評価や部門としての方向性や方針を決めたりもしています。

実は部門長になって最初の3ヶ月は、1日1日を無事終えるのが精一杯でした。マネジメントとリーダーシップは別物で、部門長にはリーダーシップが必要だということも痛感しました。それまで、チームのタスク管理などのマネジメントは得意だと感じていましたが、重視する方向性や方針を決めて発信するというリーダーシップには慣れておらず、重圧を感じていました。

でも、全く別のことをするのだと気づいてからは、少し楽になりました。




―― 大変なときは、どのように乗り越えられているのでしょうか?


上司でCDOの鈴木と毎週1on 1で話す機会をもっていて、そこで相談することもあります。社外でもエンジニア組織をマネジメントする方たちのコミュニティに参加し、他社の方のリーダーシップを参考にしたり、本を読むこともあります。1年以上経ち、少しずつ慣れてきました。

今は、会社の事業ステージもまた変わり、エンジニアの採用を強化しているので、また新たな課題がでてきてはいますが、その繰り返しかなと思っています。だんだんと私一人で全てをみることができなくなっているので、今後は組織をマネジメントできる人を育てていくのが課題です。


―― 仕事のやりがいはどんなときに感じますか?


今は、自分の得意な能力を活かせている実感があり、それがシンプルにやりがいです。CureAppに入社した当時は、部門長になるとは想像もしていませんでした。でも、ベンチャーという職場では、大企業で身につけた「整理したりマネジメントしたり」というところが、意外と活かせたのは発見でした。


メンバーが成長を実感でき、仕事が楽しめる組織を目指す



―― CureAppに入社してよかったことを教えてください。


治療用アプリは、ただソフトウエアさえあれば出せるというものではなく、臨床試験や治験、そして薬事承認が必要で、様々な専門分野の力が必要です。そんな中、CureAppは、部門や職種の垣根なく、エンジニアや医師、看護士、本当に多くの業種の方々が力を合わせ、自然にチームで動くことができる会社だなと思います。

ソフトウェアの開発に医療の専門家が関わるというのも、最初はすごく新鮮でした。CureAppで体験できた良いことの一つだと思います。

技術的な点でも、CureAppに入りモバイルアプリ、サーバーやインフラと扱える技術の幅が一気に広がりました。組織のマネジメントなど濃い経験もできたので、社会人として、これから何があっても大丈夫!という自信もつきました。CureAppのおかげで自分の能力やスキルが最大限引き出されて、開花したような感覚です。



―― “開花”という言葉は、まさにぴったりという感じがします。今後どのようなことに挑戦されたいですか?


事業として、今後は今よりもっと多くの疾患に対する治療用アプリを生み出していきたいと思っています。

それに食らいついていけるだけのエンジニア組織を作りたいです。もちろん人数規模も大きくしていきますし、組織全体としての力も高めていきたいです。人が増えると課題も増えると思いますが、エンジニアの方々が成長を実感しながら成果をあげられて、かつ仕事を楽しめるような部門を目指したいです。そのためには、まだ未整備な方針や制度を打ち出していくことが必要で、部門長として一層邁進したいです。



―― エンジニアさんを募集されているということですが、どのような方と一緒に働きたいですか?


技術的な面では、TypeScriptが出来ることは入り口として求めることですが、初めからモバイルアプリやインフラ、サーバーまで全部できる必要はありません。

なので、私がかつてそうだったように、新しいことを吸収して成長したい!自分ができる範囲を広げていきたい!という意欲のある方に、ぜひ来ていただきたいです。

他には、チームで協力して成果をあげたり、チームに自分の能力を還元するなど、プログラミング以外の立ち回りも大切になってきます。なので、チームワークやノウハウ共有を大切にする方もCureAppで活躍していただけると思います。ぜひ、ご応募おまちしております!






 

(取材ライティング/柳澤聖子)


このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認