デザイナーのチャレンジによって成果を最大化できる景色を作りたい。デザイン部の部長としての挑戦




デザイナーにとどまらず、WEB技術やマーケティングに至るまで、自身ができる仕事の幅をつぎつぎと広げてきた中林。カバーできる業務範囲の広さをスタートアップで活かしたいという想いを持ってCureAppに入社しました。

2022年1月に第一子の育休から復帰し、デザイン部の部長に就任。

中林が大切にするのは、現場感覚を大事にしたマネジメントです。事業の成果を最大化するために、インハウスデザイナーはどうあるべきか?その問いへの挑戦を続けています。

そんな中林に、仕事への想いを聞いてみました。



中林 有加(なかばやし ゆか)/デザイン部 部長

経歴

芸能プロダクション、医療機器メーカー、フリーランスのデザイナーを経て、2008年ラクーンホールディングスに入社。デザイナー兼ウェブマスターチームリーダーを務めたのち、デザイン戦略部を立ち上げ部門長に。2018年に一休に入社しレストラン事業のCRM責任者として、CRM施策の立案や分析、デザイン、フロント実装を行う。2020年CureApp入社後は治療アプリのプロダクトマネージャー、デザインユニットリーダーを経て、第一子育休復帰後にデザイン部長に就任。



一人で何役もこなせる環境で、自分を活かしたい

――CureAppに入社するまでの経歴について教えてください。

 

デザイナーになろうと決意したのは、医療機器メーカー勤務時代でした。当時は営業管理部販売推進課という課に所属していて、営業資料やセミナーのチラシ、自社のWebサイトの更新や実績を自動集計し、リベートを算出するAccessの構築などを行っていました。ある日、外注先のデザイナーとWebサイトについて話し合う機会があり、自分もデザイナーを名乗れるようになろうと決意しました。スタートが遅かった分、短期間で経験を積みスキルを身につけるために、医療機器メーカーでの仕事に加え、フリーランスデザイナーとしての活動もスタート。当時は今のようにフリーランス向けのマッチングサービスはほとんどなかったので、営業も自分でやっていました。独学の限界を感じて、BtoBのECサービスを自社で運営していたラクーンホールディングスにデザイナーとして入社。2年目にウェブマスターチームリーダーを任せてもらい、その翌年にデザイン戦略部を立ち上げ、10年ほど働いていました。そこでWEBデザインはもちろん、システム構成やPHPやJava、Javascriptなどのコーディングなどについても学びました。

仕事をする中で、自分が手がけたWEBページが一体何人のかたに見てもらえているのか?どのぐらい効果があったのか?などに興味を持つようになりました。それらを分析するために、GoogleAnalyticsやSQLを用いた分析を行うようになりました。カバーできる業務範囲は自然と広がっていきましたね。

それと同時に、デザイン戦略部という新しい部署の立ち上げを任せてもらうことになって、チームビルディングやコーチングについても試行錯誤しながら経験をつみました。


その後、マーケティングや戦略性を身につけるために一休に転職し、レストラン予約サービスのCRMを担当。コロナ禍でCRMを推進できなくなってしまったため、進退について考え始めた時にCureAppに出会いました。

 


――CureAppに入社したきっかけについて教えてください。


私は、表現の神様というようなデザインのスペシャリストではないんです。でも、カバーできる業務範囲の広さや行動力には自信がありました。なのでスタートアップのような1人で何役もこなせるような環境のほうが、自分を活かすことができるのではないかと考えたんです。

それに、医療に関しては、自分や家族など身近な人の通院を通して、薬をもらうためだけに1時間半診療を待たなければならないなど、不便さを感じることが多々ありました。ITやデザインの力で解決できることがたくさんある、と感じていました。

そんな時にCureAppに出会い、治療アプリはまさに未来の事業になりうると思い、チャレンジすることにしました。



現場感覚を生かしたマネジメントを目指して

――現在のお仕事について教えていただけますか。


今年3月に新しくできたデザイン部の部長として、マネジメントや部門の方向性を決める役割を担っています。現在は正社員5名ですが、業務委託で携わってくださっているかたもいます。私は、メンバーがそれぞれ得意なことを活かして、のびのびとチャレンジできる環境を整えていきたいと思っています。

また、マネジメントに限定せず実務にも積極的に関わるようにしています。マーケティング施策で使うランディングページや広告などのデザインや実装、分析もやりますし、上流から携わらせてもらい、マーケティング担当者と一緒に戦略を検討したり。デザインについては、ユーザーインタビューに参加して、ユーザーリサーチした結果をもとにコンテンツや見せ方を考えたりしています。

自分の仕事はここまで、と区切らず、目標達成のために強みを活かして挑戦するというスタンスを大事にしていきたいです。これは私自身もそうですし、チームメンバーに対しても思っていることです。これまでデザインチームがやっていなかった新しい領域に挑戦する時には、自分でやってみて、うまくいったことを広めていくようにしています。現場感覚を持っていた方が、やるべきことややり方を考えやすいので、そうしています。


――CureAppに入社してみて、どのようなことを感じましたか。


フルリモート、フレックス勤務なので、時間を調整しながら働ける環境は、とてもありがたいですね。2022年の1月に育休から復帰したのですが、保育園のお迎えに行った後や育児の隙間時間など、今がチャンスと思った時に仕事ができるのが私には合っているなと思います。

元々、オンとオフのスイッチを切り替えることが少なくて、。例えばお風呂に入っている時に明日の業務に活かせそうなアイディアを思いついて、お風呂上がりにメモをとって、翌日の業務に繋げたりしていました。CureAppではそんな働きかたができるので満足しています。

もう1点あげるとすれば、スタートアップということもあり、仕組みが整っていない部分が多いとも感じました。

ネガティブに聞こえるかもしれませんが、私にとっては仕組みが固まりきっていないからこそ、提案できる余地があるのは喜ばしいことだと思いました。ルールや仕組みが完成していないからこそ、今いるメンバーや目指していることに最適な方法を選択できます。それに、ないものは作れば良いだけだと思いますので、ないことよりも挑戦できる機会が多いと捉えています。




失敗から掴んだ、理想のマネジメント

――お仕事の中で、やりがいを感じるのはどんなときですか?


同じ目標に向かって走っているメンバーと壁打ちして、物事を進められた時に面白さを感じます。この要求を満たすためには、どんな要件が良いんだろう?もっと仕事を進めやすくするためにはどうしたら?など仲間とフラットに議論して、自分一人では成し得なかったアウトプットを出せた時ににやりがいを感じます。

私には部長という役職がついていますが、業務に向かう姿勢はメンバーのみんなと変わらずフラットでありたいと思っています。部長が言ったことが絶対ではないですし、課題に対してフラットに提案や相談をし合える関係を大事にしたいです。

実は、以前デザイン戦略部を立ち上げ、マネジメントする中で、失敗したことがあるんです。仕組みを整えようと思って、デザインルールを定義したのですが、ルールを細かく決めすぎてしまい、メンバーの提案や挑戦機会を奪ってしまったことがありました。裁量を与えると言いながら報告を求めすぎてしまったのです。今までのマネジメントの反省点がたくさんあって、その失敗経験から、今はデザイナー一人一人が主役として自由に提案したりチャレンジできるマネジメントスタイルをとっています。

前職の一休で、社長ですらもプレーヤーとして頭と手を同時に動かしてフラットに社員と接しているのを直近で見たことも。それも今のマネジメント像に行き着いたきっかけです。


――逆に、難しさを感じることはありますか?


メンバーから相談を受けた時やディレクションする際に、何をどこまで伝えるべきかは常に試行錯誤しています。デザインの世界は正解が幾つもあって、明確な正解を見つけづらいんです。

その中でも、経験や他社の事例などをもとにした勝ち筋はあります。

でもやってみないとわからないことも多いし、やってみたからこその気づきや成長もある。だから、私が挑戦の根を摘んでしまうようなことはしたくないと思うんです。


私が思う理想の上司は、メンバーの背中を正しく押せる人です。挑戦や考えるチャンスを奪わないこと、そして自由に考え発言しやすくしたい。

そのために、自分が関わる範囲をどこまでにすべきか、どういうフォローをすべきかについて悩むことはあります。そうやって迷ったときは、メンバーに直接どうしたいか訊ねるようにしています。



デザイナーが常駐することの価値を高めるために

――3月に新しくできたデザイン部。どんなチームにしていきたいですか?


デザイナーがチームに常駐することで会社の課題が良い形で解決されていく。成果が最大化する、そんな景色を作りたいです。

そのために、上流から事業に関わり、デザイナーに相談すると良いアイディアがスピード感をもって提案されるという実績を積み上げていきたいですね。

今はまだデザイナーが充分に介入できていないところもあるので、メンバーのみんなと一緒に挑戦しているところです。


チーム内については、それぞれが得意なところを伸ばして、苦手なところは得意な人とフォローし合う、Win-Winなコミュニケーションが自然に生まれるチームにしていきたいです。


――現在、デザイン部では一緒に働く仲間を募集中だと聞きました。どのようなかたと一緒に働きたいですか。


まずはユーザーファーストで考えられる方です。

治療用アプリのUIを作っていると、保険適用のために満たさなければいけない要件がたくさんあって、ユーザーにとって良いものになっているか、という観点が抜け落ちてしまいそうになる場面があります。


デザイナーは、プロダクトマネージャーの伴走者として要件定義にも携わります。多角的に考え、要件に落とし込むプロダクトマネージャーの隣でデザイナーがユーザーのことを一番に考え抜くことで、ユーザーファーストなアプリに仕上がると考えています。


2つめはディレクションだけではなく、自身でも手を動かしてプロジェクトを推進していきたいという方。

3つめは一緒に仕事をするメンバーの強みや考え方を尊重しながら働くことにやりがいを感じられる方だとマッチしやすいと思います。デザイン部は、まだできたばかりのチームなので、一緒にチームを作り上げていきたいという方のご応募をお待ちしております!



(取材ライティング/柳澤聖子)

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得