投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

イメージ
疾患治療用プログラム医療機器として「治療アプリ®︎」の研究開発を行う株式会社キュア・アップ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)はこの度、既存投資家であるBeyond Next Ventures、慶應イノベーション・イニシアティブに加え、新たに伊藤忠商事株式会社、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ株式会社、CYBERDYNE株式会社、第一生命保険株式会社 、三菱UFJキャピタル株式会社、いわぎん事業創造キャピタル株式会社、株式会社セゾン・ベンチャーズ(株式会社クレディセゾンのコーポレートベンチャーキャピタル)、ちばぎんキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社を引受先とする総額15億円の第三者割当増資を実施することをお知らせ致します。

【実施背景と目的・使途】
キュア・アップは、モバイルテクノロジーの進化を適用した新しい医療の形として、従来より高い治療効果を実現する個別最適化された(パーソナイライズド)医療の実現を目指しています。具体的には、これまで介入の難しかった患者様の意識・習慣や時間帯(院外、在宅・外出時など)も含めて、幅広い患者様の生活に医療用アプリ「治療アプリ®︎」を通して治療介入し、患者様それぞれの状態に応じた適時適切なフォローを行う仕組みの構築を予定しています。

今回の増資は、日本社会における医療・介護へのICTやAIなどの利活用に対する議論が進展する中、国家が目指している将来像と弊社の事業との親和性、加えて民間法人向け事業や海外展開の可能性などが評価され実施に至りました。
今後弊社では本資金により現在治験中の「治療アプリ®︎」であるニコチン依存症治療用アプリについて日本初の薬事承認・保険償還を目指す他、この他の疾患についても「治療アプリ®︎」の研究開発を進めて参ります。

また、「治療アプリ®︎」開発で蓄積した知見を民間法人での健康増進にも活用頂けるよう、民間法人向け「モバイルヘルスプログラム」の展開も開始しました。現在提供している「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」の他、生活習慣病やメンタルヘルス対策のプログラムも順次展開していく予定です。さらには、日本発のモバイルソリューションとして、海外への進出も進めています。
【株式会社キュア・アップについて 】
株式会社キュア・アップは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾…

【メディア掲載】禁煙成功率向上中!法人向け禁煙プログラムが効果を発揮する理由

イメージ
弊社が、民間法人様向けに提供を開始している「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」。
健康経営やデータヘルス計画といった国・政府が推進する施策の中、社員の健康への取組みがより一層注目されており、弊社の「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」も導入頂く法人様が増えています。

今回、実際に導入頂いている野村證券健康保険組合様第一生命保険株式会社様から、導入した感触やご使用頂いている参加者様の反応など、大変貴重なお話を伺うことが出来ました。

喫煙年数も長く“がんこ”でハイリスクな社員が、こちらの想定以上に新しいソリューションに興味を示して手を挙げてくれたことは、非常に良い成果だ」「脱落者も少なく、さらに「友人を紹介したい」「次はいつスタートするのか」という声も上がっている」というご意見は、より一層プログラムを進化させていく上で大変励みになります!
詳しくは、こちらをご覧ください:https://sangyoui-navi.jp/blog/60

【メディア掲載 日本経済新聞】個人データ使い道 本命は

イメージ
2018年2月2日の日本経済新聞にて、弊社が紹介されました。 20世紀、21世紀と医療の技術が進歩していく中で、世界的にみても「医療」「ヘルスケア」の分野が注目されています。 本記事でも、米国でのベンチャー投資規模で「ヘルスケア」は「インターネット」に次ぐ2位につけた、とあります。ちょうど米国に滞在している最中で色々な方達とお会いしていると、医療・ヘルスケアベンチャーとの取組みへの興味、投資意欲の高さや金額の規模感に驚くことがあります。 テクノロジーとそれにより実現されるデータドリブンな新しい医療。より効率的に、しかし今まで生み出せなかった治療効果を実現する取り組みは、もちろん日本だけでなく米国でも求められており、私たちも本記事にある「本命」に、グローバルという視座でなれるよう、一歩一歩邁進して参ります。  詳しい記事はこちらからご覧下さい: http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=201B0A157CED48EF9E54CF941C6AF24D

【イベント】世界最大級のスタートアップコミュニティ"Startup Grind" Global Conference 2018にて、Top 50に選ばれました

イメージ
株式会社キュア・アップは、世界中115ヵ国・7000余りの企業が参加するグローバルスタートアップコミュニティ"Startup Grind"の Global Conference 2018にてTop 50に選ばれ、2018 Class of Startup Exhibitorsに正式に命名されました。

Startup Grindは、世界100カ国以上、250都市、100万人の起業家が参加する世界最大級のスタートアップコミュニティであり、その中でも選び抜かれた50のスタートアップ企業が、今回世界最先端の企業が集まるカリフォルニア州シリコンバレーで2月12〜14日に行われるStartup Grind Global Conference 2018にて紹介されます。
https://www.startupgrind.com/

弊社は日本からは唯一、Top 50の企業に選ばれ当イベントに参加することになりました。
日本発の医療イノベーションの創出と、第1歩としてアメリカ展開を目指す当社にとって、その足がかりとなる貴重な機会を得られるよう取り組んで来たいと考えています。

イベント期間中は現地からの情報もお伝えできればと思います。
詳しくはこちらもご覧ください:https://cureapp-en.blogspot.jp/

全世界で110人のうちの一人に!〜弊社エンジニアの井上がNode.jsのコラボレータになりました

イメージ
弊社のプロダクトは、ネイティヴアプリ、フロントエンド、サーバサイドなど全面的にJavaScriptで開発を行っております。
その中でもNode.jsは弊社の製品を支える重要な技術の1つです。

このNode.jsコラボレータとして活躍されているエンジニアは世界でまだ100人強ですが、そのうちの1人として、弊社の井上 真吾さんが選出されました!

日本の他のコラボレータが大手企業の方々である中、まだまだ小規模な弊社から選出されたことは、技術力で勝負する弊社にとって大変嬉しいニュースとなりました。
これからも、技術力を全面に引き出し、より多くの患者様の命を救える「テクノロジーによる新しい医療」を生み出していきます!

【メディア掲載:毎日新聞】禁煙治療の道拡大 補助薬の成功率3~4倍 保険適用、若い人にも

イメージ
国民医療費が増大する中で、医療費の抑制は大きな社会課題となっています。
 − http://www.kenporen.com/health-insurance/m_state/
喫煙は成人の死亡要因のトップとなっており、その抑制、すなわち禁煙による健康への好影響と医療費抑制の貢献は大変大きいものになります。
 − 禁煙した人の年間医療費:http://www.ashiken-p.jp/basic/06.html
その禁煙のために有効な手法として禁煙外来があり、禁煙補助薬を用いたアプローチで、成功率は大きく上昇します。

一方で、厚生労働省が実施した調査*によると、以下の調査結果が出ています。
・12週間で5回の通院が必要ですが、5回すべて受診を継続できた人は全体の30%に過ぎない
・治療開始から1年後の禁煙成功率は、受診者全体で27%にとどまった

このように、禁煙外来にもまだ大きな改善の余地が存在することが示唆されています。
このような喫煙・禁煙に関する背景の中、弊社の「治療アプリ®︎」が毎日新聞様に掲載頂きました。

診療と診療の間の空白期間においても患者様への適切なサポートを可能にする「治療アプリ®︎」が、受診率や継続率の向上に役立つことを取り上げて頂いています。
この「ニコチン依存症(禁煙)治療アプリ」は現在治験中であり、今後薬事承認・保険償還を目指しています。

詳しい記事はこちらをご覧ください:https://mainichi.jp/articles/20180124/ddm/016/100/010000c

*ニコチン依存症管理料算定保険医療機関における 禁煙成功率の実態調査 報告書