投稿

MRとエンジニア、両方の経験を活かして。カスタマーサクセスとして挑む「治療アプリ®︎」

イメージ
  呼吸器系の薬剤を扱うMRとして数年間勤務した後、エンジニアなどIT関連の職も経験してきた曽根原。CureAppでは、「ニコチン依存症治療アプリ」のカスタマーサクセスを担っています。MR時代の経験や、IT関連企業で培った経験がCureAppでつながり、存分に活かされている感覚があるといいます。 「治療アプリ®︎」への社会的な認知をあげるために、今まで経験のなかったコンテンツ作りなどにも日々奮闘中。世の中にないものを生み出し、スケールさせていくことの楽しさを実感中だという曽根原にCureAppの仕事について聞いてみました。 曽根原 綾華(Ayaka Sonehara)  《医療禁煙事業開発 カスタマーサクセス》 新卒でグラクソ・スミスクライン株式会社に入社。香川県にてMRとして勤めた後、 Apple Japan 合同会社にて、在宅カスタマーサポートに転職。その後、エンジニアとして製薬会社のサイト運用を経験し、2020年5月にCureApp入社。現在は、「ニコチン依存症治療アプリ」のカスタマーサクセスを担う。趣味はサーフィンなど。 MRとエンジニアの橋渡し的な存在に ――CureAppに入社したきっかけを、教えてください。 新卒でグラクソ・スミスクラインに入社しMRとなりました。扱っていたのは呼吸器系の薬剤で、香川県で営業の毎日でした。 MRとしてある程度成績を残し、キャリアチェンジを考えた時、次はITに関係し、サーフィンができる仕事が良いと考え、在宅で勤務できる会社を探すことにしました。そこで、知人の勧めもあり、Appleの在宅カスタマーサポートに転職しました。 MR職では、ITに馴染みはなかったのですが、日常生活にIT機器がどんどん入ってくるなかで、ITやプログラミングへの興味が膨らみ、独学でプログラミングの勉強もしていました。 Appleのカスタマーサポートでは、顔の見えない相手に対してiPhoneの操作指示を的確にすることで困りごとを解決するというTech系の経験ができた反面、クレーム対応に課題を感じ、次のスッテップを考えるようになりました。その後、本格的にプログラミングを習得し、エンジニアも経験しました。 CureAppには、エンジニアをしている際にスカウトをもらいました。 ――CureAppのどんな所に惹かれて、入社されましたか。 MRとして関わった医療に

【日経ムック】DXスタートアップ革命

イメージ
  7月8日発売のDXスタートアップ革命(日経ムック)内、岩盤市場のデジタル変革〜医療業界のDX〜として弊社代表佐竹のインタビュー他、プロダクトについて掲載いただきましたので、お知らせさせていただきます。

鹿児島に住みながらフルリモートのエンジニアに。「治療用アプリ」プラットフォーム開発運用への想い

イメージ
  エンジニアとして成長したいとCureAppにジョインした山口。 鹿児島県に住みながら、入社面接から現在まで、全てリモートでやってきました。現在は、エンジニアとして、フルリモートで働いています。 「治療用アプリ」のプラットフォーム(APS)の開発と運用を担当するようになって半年。フロントエンドからバックエンドまで把握すべきことの範囲の広さに戸惑いつつも、お客様に製品を届けられることに喜びを感じる日々です。 そんな山口に、鹿児島のシンボルでもある桜島全体を見渡しながら話を聞いてみました。 山口莞爾(やまぐち かんじ)  エンジニア 大学院にて人工知能や機械学習を研究した後、凸版印刷に入社し、設備技術を担当。その後、株式会社クエイルを経て、2020年12月にCureAppに入社。現在は、APS(治療用アプリのプラットフォーム)の開発および運用を担当。鹿児島県に住みながら、フルリモートで仕事に参加している。趣味はNBA観戦と映画鑑賞。 鹿児島に住みながら、フルリモートで仕事 ――CureAppに入る前のお仕事について、教えていただけますか? 新卒で凸版印刷に入り、機械の設計を担当するエンジニアをしていました。その後、エンジニアになりたいと思い、(株)クエイルに転職しました。会社は鹿児島県にあり、実家に近いのも転職のきっかけでした。クエイルでは、AWSのクラウドを用いたエンジニアとして、主にインフラに関する作業を担当しました。働くうちに、インフラだけでなく、フロントエンドやバックエンドなど、もっと広範囲をカバーするような仕事に挑戦したいと思うようなり転職することにしました。 ――CureAppにはどのように出会われましたか? CureAppのエンジニアをしているかたに、wantedlyで声をかけてもらいました。「治療用アプリ」という名前も初めて聞き、社会的に意義のある仕事だなと感じました。 話を聞くうちに、エンジニアとして成長できそうな環境だなと感じて入社を決めました。 ――現在は鹿児島に住みながら、フルリモートで仕事をされていますよね? 2020年の12月に入社したのですが、入社の面談から今に至るまでずっとリモートです。鹿児島に住みながら働けるなんて、自分でも信じられない!という気持ちです。とても感謝しています。 CureAppではJavaScriptやTypeScri

【日経クロステック】CureAppが治療用アプリの保険適用で2つの提言、従来型だと割に合わないわけ

イメージ
 先日開催され弊社代表佐竹が登壇した「 レギュラトリーサイエンス学会WEBシンポジウム 」の内容について、日経クロステックにて掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 日経クロステック CureAppが治療用アプリの保険適用で2つの提言、従来型だと割に合わないわけ https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/05676/

【日経産業新聞】デジタル治療 心動かす

イメージ
日経産業新聞 2021年6月7日1面)に弊社ニコチン依存症治療アプリはじめ他開発治療用アプリについて掲載されましたのでお知らせ致します。

【週刊アスキー】健康保険組合・企業・自治体向けオンライン禁煙診療

イメージ
CureAppはこれまで、ニコチン依存症を対象とした医療向け治療用アプリであるニコチン依存症治療アプリ と民間法人向けモバイルヘルスプログラムを提供してまいりましたが、7月1日より医療向けと民間法人向けの両方の知見を活かし、健康保険組合、企業、自治体向けに医療向け治療用アプリの 処方が可能なオンライン の禁煙診療を開始致します。そのことについて、週刊アスキーに掲載いただきましたので、お知らせさせていただきます。

CureApp 新型コロナウイルスワクチン接種休暇制定のお知らせ

イメージ
   CureApp 新型コロナウイルスワクチン接種休暇制定のお知らせ 勤務時間内のワクチン接種は就業時間扱い、副反応が発生した場合は特別休暇も取得可能  株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長兼医師:佐竹 晃太)は、社員の健康と安全を守り、不安に対応することを目的とし、新型コロナウイルスワクチン接種を希望する方が円滑かつ安心して接種を受けられる環境を整備しました。全従業員に向けて新型コロナウイルスワクチンを接種する場合は就業時間内扱いとすること、また副反応が発生し就業が困難となった場合に、1回の接種で最大3日間の特別休暇の取得を可能としたことをお知らせいたします。 ■ワクチン接種時の対応 新型コロナウイルスワクチンを接種する場合は就業時間内扱いとする 2回接種分まで対象 ■ワクチン接種後の副反応についての対応 接種後に痛みや体調不良が発生し就業が困難となった場合は特別有給休暇の取得を認める 従業員の家族がワクチン接種に際し、付き添いや副反応等により看病を必要とする場合、特別休暇の取得を認める 1回の接種につき接種日を含めて最大3日まで可能 半日、時間単位の取得も可能 ■対象期間 2021年6月7日(月)~2022年2月末(予定) ※政府が定める接種期限に準ずる 今後もCureAppに関わる大切な人たちの安全を最優先し、新型コロナウイルスの感染拡大防止に必要な措置をとってまいります。