投稿

日本初*「治療アプリ✖️患者のカルテデータ」から降圧薬との関係性を初公開

イメージ
CureApp 高血圧症治療アプリ使用で降圧薬服用なし患者の83%がその後も血圧管理を6ヶ月間維持、降圧薬服用患者においても34%で服用中止や減量 〜治療アプリは高血圧治療にどのような影響を与えたのか?実臨床データで明示〜  株式会社Cur eApp(キュア・アップ/本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、当社が開発し2022年9月より医療機関にて医師による処方が開始している高血圧症治療アプリ(以下、本アプリ)に関して、アプリデータと患者のカルテデータを収集し、患者の血圧および降圧薬の処方・服薬状況の推移について研究調査を実施しました。  本研究結果は、『 Therapeutic Research vol. 45 no. 3 2024 』へ掲載され、本アプリが実臨床において、血圧管理の重要なアプローチの1つであり、降圧薬の減薬や中止に繋がる可能性があることが示唆されました。 ※自社調べ・調査年月:2024年3月 ・調査範囲: 国内における製造販売承認取得および保険適用を受けた高血圧症治療アプリと診察データによる研究 本研究の目的  本アプリは2022年9月より医療機関での医師による処方を開始しています。その後、処方開始から1年後の2023年9月には、臨床現場における本アプリ利用患者の降圧効果の実態調査を世界で初めて行いました**。  しかしながら、本アプリの入力内容だけでは患者の利用状況や降圧の状況、患者背景の把握は可能ですが、降圧薬の併用および服薬状況ならびにその経過については明らかにできませんでした。そのため、本研究ではアプリデータと患者のカルテデータを紐付けることで、患者ごとの降圧薬の処方の有無やその後の治療経過に関する考察を行いました。 **: https://cureapp.blogspot.com/2023/09/blog-post_26.html (世界初、実際に処方された利用患者における降圧効果データを発表) ベースラインから24 週間の降圧薬処方内容の変化 本研究の概要 実施医療機関:11施設 対象患者:2022年9月~2023年4月までの間に本アプリを処方され利用を開始した患者 観察項目:患者背景、合併症、併用薬、医療機関情報等 症例数:83名(内、治療アプリ開始時において降圧薬服用なし42名、降圧薬服用中41名)     本研究の結

【掲載情報】日本経済新聞

イメージ
 2024年4月6日、日本経済新聞にて、弊社のCureAppHT高血圧治療補助アプリについてお取り上げいただきました。是非ご覧ください。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA289MI0Y4A320C2000000/

沢井製薬が、片頭痛向け医療機器の流通プラットフォームとして CureAppの「APS」を採用

イメージ
  株式会社CureApp(キュア・アップ / 本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太:以下、当社)は、当社が提供する治療アプリ処方プラットフォーム「App Prescription Service」(以下、APS)が、沢井製薬株式会社(本社:大阪市淀川区 代表取締役社長:木村 元彦: 以下、沢井製薬)の片頭痛向け医療機器「レリビオン ®︎ 」の流通プラットフォームとして採用されたことをお知らせいたします。「レリビオン ®︎ 」は2023年12月に沢井製薬が製造販売承認を取得している片頭痛の急性期治療に用いる医療機器です。今後「レリビオン ®︎ 」が保険適用・販売開始された際には、APSを通し全国の医療機関で処方が開始される予定です。APSでの他社製品の流通は「レリビオン ®︎ 」が初となります。     当社は、治療アプリの処方プラットフォームであるAPSの医療機関への提供を2020年より開始し、提供開始当初より、当社製品に限らず様々な治療アプリの 処方、利用状態の管理、代金回収、配送などの各種運用 を統一の方式に揃えることで、医療機関がスムーズに患者様へ処方できる世界を目指してまいりました。現在全国の医療機関でAPSを通したニコチン依存症および高血圧症治療アプリの処方が行われており、リアルなユーザーからの意見を反映させ日々プラットフォームの改良を行っております。「レリビオン ®︎ 」は日本初の在宅で使用されるニューロモデュレーション機器であり、 治療アプリとは異なるものの、患者さんご自身でデバイスを使用する医療機器であるという当プラットフォームとの親和性から今回の導入に至りました 。 APSに関する医療機関の問い合わせ先はこちらからお願いいたします https://cureapp.co.jp/contact.html 「APS」の概要と今後の展望   APSは医療機関がスムーズに治療アプリを処方できるよう開発された処方プラットフォームで、治療アプリの 処方、利用状態の管理、代金回収、配送など治療アプリ処方に必要な各種運用を実行できま す。 統一されたフローで処方・管理まで完結するので、医療機関の運用負荷を低減することができます。また、治療アプリ提供企業のセキュリティ体制を当社が確認するため、医療機関には安心してご処方いただけます。現時点では治療アプリの処

高血圧の方は要注意!お花見で気をつけたいポイントをご紹介

イメージ
今年は寒暖差が激しく高血圧の方は要注意 日本人にとってのビッグイベント。今年も心躍る桜の季節の到来です。今年の開花は例年よりも遅く、開花予想は何度も後ろ倒しになっていますが、今週末にはようやく咲き始めそうですね。満開の桜の下で入学式が迎えられるのではないでしょうか。近年はコロナ渦の影響で飲食を伴うお花見の自粛が続いていましたが、昨年から徐々に解禁され、今年は制限のないお花見を思う存分楽しみたいと心待ちにしている方も多いようです。お花見と言えば お酒がつきものですが、高血圧の方は飲みすぎに注意したいところ。 またお酒だけでなく、お花見には高血圧との深い関係性があります。 お花見を 楽しむためのポイントと注意点をご紹介します。 お花見には血圧を下げる効果が!? 血圧は、普段は正常値も 緊張や我慢をしたり、脳がストレスを感じると自律神経が乱れるために上がりやすくなると言われています。休息や睡眠、運動、食事などによってストレスを発散させ、環境を整えリラックスして過ごすことが大切です。 桜が満開に咲き誇るその様子は、見るだけで心を奪われ、その素晴らしさは言うまでもありませんが、お花見は緊張をほぐしリラックス効果を高める効果が期待できます。一つ目のポイントはその色。桜色と言われる優しいピンクは緊張をほぐし気持ちを和ませリラックスさせる色として有名です。二つ目に香り。桜の葉の香りの成分であるクマリンにはリラックス効果や血圧低下作用などの効能があるとして知られています。さらに、 花を観賞することにより、ストレスにより上昇した血圧やストレスホルモンの値が低下することが、心理的、生理的、脳科学的にも実証されています。実際、農研機構の研究では、花の画像を見ることによって、ストレスにより上昇していた血圧が3.4%低下、ホルモンの値は21%低下することが確認されています*¹。ゆっくりと桜を見ながらのお花見ウォーキングは、日頃の運動が不足気味の方にはもちろん、高血圧の方にもおすすめです。 お花見を楽しむために気をつけたいこと ①寒暖差ゆえの防寒対策 今年の満開予想は3月の下旬〜4月の初旬にかけて。この頃になると、日中は暖かい日が増えてきますが、まだまだ朝晩は冷え込むことが多く、気をつけたいのが寒暖差です。例年の3月下旬ごろの平均気温は、東京で 最高15.4℃/最低6.2℃*²、大阪で最高15.

【掲載情報】ミクスOnline

イメージ
  3月26日、医療業界向け情報サイト「ミクスOnline」にて、弊社の減酒治療アプリが国内で初めて承認申請したことについてお取り上げいただきました。

【掲載情報】日本経済新聞

イメージ
  3月25日「日本経済新聞」にて、弊社の減酒治療アプリの 製造販売承認申請 についてお取り上げいただきました。

【掲載情報】メディカルトリビューン

イメージ
  3月25日、最新医療情報サイト「メディカルトリビューン」にて、弊社の減酒治療アプリが 製造販売承認申請を行ったと についてご紹介いただきました。

日本初、CureAppが「減酒治療アプリ」の製造販売承認申請

イメージ
  ~減酒治療による健康増進をより身近に届け、 厚労省も推進するアルコール健康障害対策への貢献を目指す~ 株式会社CureApp(キュア・アップ/本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、2023年2月より実施していた減酒治療アプリ(以下、本アプリ)の治験(国内第Ⅲ相臨床試験)を完了し、主要評価項目を達成いたしましたことを既にお知らせしておりますが、この度、製造販売承認申請 を行いましたのでご報告致します 。 なお、治験結果の詳細につきましては、今後改めて国内外の学会、学術誌にて発表する予定です。現在国内において薬事承認や保険適用を受けた「減酒治療アプリ」はなく、製造販売承認申請も本アプリが日本初となります。 ※ ※自社調べ・調査年月:2024年3月 ・調査範囲: 薬事申請済または薬事承認および保険適用を受けた減酒治療アプリ    先月2024年2月に厚生労働省より飲酒に伴うリスクに関する知識の普及・推進を図ることを目的に「飲酒ガイドライン」*が正式に公開されました。国民一人ひとりがアルコールに関連する問題への関心と理解を深め、自らの予防に必要な注意を払って不適切な飲酒を減らすために活用されることを目的としています。  過度の飲酒はがん等の重篤な疾病発症の身体的リスクだけでなく、対人トラブルなどの行動面でのリスク上昇にも繋がります。このように明らかに有害な事象が想定されるにも関わらず飲酒習慣を変えず、自身での飲酒量をコントロールできない場合には、アルコール依存症が疑われます。  一方でアルコール依存症の従来の治療法は断酒が中心であり、治療を受けることには抵抗感を持つ方も多く、早期治療介入が難しいという課題もあります。近年、重篤な身体的、精神的、社会的問題にまでは至っていないアルコール依存症の方に対する新たな治療選択として” 減酒(飲酒量低減) ”を目標とした治療が国内外で広まりつつあります。先述の厚労省の飲酒ガイドラインの中でも、飲酒量による疾患発症リスクなどをもとに健康に配慮した飲酒基準などが示されました。患者さんに寄り添い医学的に適切なサポートを行うCureAppの減酒治療アプリを通し、アルコールとの付き合いに課題を持つ多くの方の健康増進に貢献することを目指して参ります。 * 参考情報: 『健康に配慮した飲酒に関するガイドライン』 https://ww

全国にいるCureAppメンバー 地域間の壁を感じずに仕事ができる秘訣とは

イメージ
  CureAppは以前よりリモート業務を推進していましたが、新型コロナウイルスの影響によって、よりリモート業務がしやすい仕組みの構築や環境が整備されました。 リモートでの業務が可能なので、以前よりも全国各地に住んでいる多種多様なバックグラウンドを持つメンバーを採用することができ、確実にCureAppの人材強化へとつながることになりました。実際にメディカル本部の社員20名のうち、6名が関東圏以外のメンバーとなっています(2024年3月時点)。 では、リモートによるCureAppでの働き方はどのようなものなのか。 実際にリモートでの業務を経験してみてのやりがいや苦労などについて全国各地で働くメディカル本部の社員3人と、メディカル本部 部長である中川にも話を聞きました。 インタビューメンバー紹介 そして、インタビューの前にCureAppのメディカル部の構造を少し説明します。 CureAppのメディカル本部の組織体制および主な業務内容 CureAppのメディカル本部は、大きく臨床開発部・信頼性保証部・メディカル推進部の3部門に分かれており、その中でさらに薬事戦略や安全管理、品質マネージメント、学術などより専門的なグループに細分化されCureApp全体の医療体制を支えています。 バックグラウンドも居住地もざまざまな ーー簡単にバックグラウンドと担当業務など、自己紹介をお願いします。 角谷 :メディカル本部にて信頼性保証部 品質マネジメントグループに所属している角谷です。前職では安全管理を行なっており、品質管理をやってみたいと考えCureAppに転職しました。 市来原 :臨床開発部に所属している市来原です。前職では臨床検査技師として、病院勤務をしていました。その後SMO(治験施設支援機関)の治験コーディネーターとして病院で働いていましたが、家族構成が変わったことや治験を依頼する側に興味が湧いたことをきっかけにCureAppに転職をしました。 岡 : メディカル本部 信頼性保証部 安全管理グループに所属している岡です。過去にCROの業界でデータマネジメントや安全管理関係に10年ほど勤めていました。その後大学病院で治験の補助などを経験したのち、結婚し環境の変化があったことや正社員として働きたいと思ったことをきっかけに、CureAppに入社しました。 ーー主にリモートでの業務だと思