投稿

第13回日本禁煙学会学術総会シンポジウム発表

イメージ
第13回日本禁煙学会学術総会 シンポジウムにて弊社代表 佐竹が「デジタル療法・治療用アプリについて」発表致しました。

いわゆるヘルスケア向けアプリは数多くありますが、その中でも医学的エビデンスを確立し医療現場での治療に供することを目的としたものが治療用アプリと呼ばれ、高度なアルゴリズム・ソフトウェア技術を活用したデジタルによる治療介入という形で患者に提供されます。

医師が薬を処方するように「アプリを処方する」、そして治療に供されるアプリであるという点が、自由にダウンロードできる一般のアプリとは異なり、治療用アプリを用いた療法を総称し「デジタル療法(Digital Therapy/Digital Therapeutics)」と呼ばれています。

今回、禁煙治療について関心の高い医師・医療関係者が多く集まる当学会において、CureApp開発のニコチン依存症治療用アプリにおいて、実際にアプリを用いた治療アプローチやシステムの概要、臨床試験の結果に加え、禁煙についての現状と課題についてお話をしました。

多くの関心が集まる禁煙学会という場において、治療用アプリの新しいアプローチについてご紹介できたことは、今後の禁煙治療の進化に貢献する上でとても重要な機会であったと考えております。

また、第13回日本禁煙学会学術総会の若手研究者の優秀演題に送られる繁田正子賞の発表にて、最優秀演題として、慶應義塾大学医学部呼吸器内科 正木克宜先生が発表された、「新規開発禁煙支援スマートフォンアプリの禁煙外来での長期的禁煙継続効果(多施設共同ランダム化比較試験)」の研究内容・成果が選ばれ最優秀賞を受賞しました。
CureApp禁煙の臨床試験についての発表に対しては、今回の発表のみならず以下の演題に対して米国呼吸器学会(American Thoracic Society: ATS)での複数の受賞歴があります。
2018年5月・米国サンディエゴにて「Smartphone application “CureApp” for smoking cessation - A multicenter cooperative single group intervention study」に対してATS APSR/ISRD Travel Award受賞2017年5月に米国・ワシントンDCにて「Preli…

【掲載情報】これからの日本の論点2020

イメージ
日本経済新聞出版社の「これからの日本の論点2020 日経大予測」にCureAppが掲載されました。

また、日本経済新聞 電子版(2019/12/6)にも一部内容が掲載されましたのでお知らせ致します。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51480330Y9A021C1I00000/?n_cid=NMAIL007_20191206_Y

第13回 日本禁煙学会学術総会ランチョンセミナー

イメージ
先日、山形にて行われた第13回 日本禁煙学会学術総会にてランチョンセミナーを開催いたしました。
今回、座長を社会医療法人敬愛会 ちばなクリニック健康管理センター 医長 清水隆裕先生にお務めいただき、演者として大阪国際がんセンターがん対策センター疫学統計部 副部長 田淵貴大先生にお話いただきました。


禁煙に多くの関心が寄せられる中、田淵先生より「一から始める、新型タバコの疫学と臨床」についてお話いただきました。


「新型タバコの本当のリスク」の著者でもある田淵先生より、「新型タバコ」のうち電子式タバコと加熱式タバコの違いや、紙タバコから加熱式タバコへ移行する人が増える中、「有害物質の低減」という点について考察を頂きました。

新型タバコそれぞれの製品パンフレットにも「本製品の健康に及ぼす悪影響が他製品と比べて小さいことを意味するものではない」との記載があることや、国際がん研究機関IARCは紙タバコ・電子タバコ・加熱式タバコ全てにおいて有害物質単体ではなく、タバコ自体を発がん性物質として指定していることも紹介されました。

加熱式タバコに変えたから大丈夫、加熱式タバコだから害がない、という考えを持つ喫煙者も増えていると言われ、禁煙支援の現場でもこうした認識の広がりに懸念を持つ支援者が増えています。こうした傾向に警鐘を鳴らす内容となりました。

今回700名近くの方に聴講いただき、この新型タバコに対する現場の課題感について、改めて正しい情報提供の重要性を感じました。

新型タバコにおいてもニコチンの摂取はされるため、ニコチン依存症になってしまう点は変わりありません。そのニコチン依存症に対する新時代の支援策の1つとして、CureAppの治療アプリ®️もご紹介いただきました。

受動喫煙についての機運が高まり、一方で新型タバコに移行する喫煙者が増えている中、タバコ自体が及ぼす健康被害について改めて考え、今後も時代の流れに沿う禁煙対策として弊社もより禁煙への効果的な支援ができるよう、尽力して参ります。

第三回 NEXT医療機器開発シンポジウム

イメージ
第3回 NEXT医療機器開発シンポジウム~日本発Medical Device InnovationのNext Stage~にて、弊社代表 佐竹晃太が「日本初の治療用アプリ・デジタル療法の創出に向けて」をテーマに登壇しました。

こちらのシンポジウムは、日本発となる医療機器の開発の現状や今後の動向について、AI診断や医療機器産業分野に加え、ベンチャー企業での様々な取り組み、開発について発表が行われました。

 当日はとても多くの方にご聴講いただき、また、発表の後には討論会も開催され、それぞれの目指す新時代の医療への議論が展開されました。

慶應医学部ベンチャー協議会 Keio Visionary Café

イメージ
10月に学生に向けて行われた慶應医学部ベンチャー協議会 Keio Visionary Café
今回は東京証券取引所にて行われ、日本の経済の中心である東京証券取引所の見学の後に行われた講演会にて弊社代表佐竹がお話をさせていただきました。
 将来の医療を担う医学生の方々へ、佐竹自身の起業するまでのエピソードや現在進めているプロジェクトについてお話しをさせていただきました。また、アントレプレナーシップ(起業家精神)の重要性についても、常に新しいことに関心を持ち挑戦し続けることの大切さを、自身のエピソードを交えお伝えできたかと思っています。
医学のバックグラウンドを持ち、加えて起業も志す学生さん達に囲まれ、いつもとはまた違う熱気に包まれた会となりました。

共催 : 慶應義塾大学医学部発ベンチャー協議会・有限責任 あずさ監査法人
後援 : 東京都・株式会社日本取引所グループ/株式会社東京証券取引所・一般社団法人 証券リサーチセンター

会計は強みの1つ。殻を破ってビジネスマンとしての幅を広げ続ける方法とは?

イメージ
CureAppでCFOを務める久納 裕治のインタビューが会計士UPに掲載されました。

学生時代に会計士の資格を取得し、監査法人や再生系コンサルティングファームでキャリアを積んだ久納がCureAppでCFOを務めるまでのストーリーがご覧いただけます。是非ご覧ください。


会計は強みの1つ。殻を破ってビジネスマンとしての幅を広げ続ける方法とは?
http://www.cpa-up.com/interview/hisanouyuuji.html

クロスヘルスEXPO2019 登壇 関東経済産業局コラボレーション企画

イメージ
東京ビックサイトにて行われたクロスヘルスEXPO2019(x HEALTH EXPO 2019:10月9日〜11日開催)。
医療や介護従事者、ヘルスケア産業従事者など医療・ヘルスケア業界に携わるステークホルダーが一度に集結し、ヘルスケアの最新情報や行政の動向について様々なセミナーや展示が行われました。 今回、関東経済産業局コラボレーション企画「自治体×ヘルスケアベンチャーによる課題解決プロジェクトの事例紹介」として、弊社 我妻が「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)と、スマホアプリを活用して取り組む禁煙支援事業」について大阪府豊中市のご担当者様と一緒にお話をさせていただきました。
弊社は、その中で先日発表した「世界初の禁煙ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」について、大阪府豊中市の「とよなか卒煙プロジェクト」の取り組みや、自治体の禁煙対策の仕組み、CureAppの禁煙サポートプログラム「ascure卒煙プログラム」での支援についてご説明させていただきました。

この登壇にも大変多くの方にご来場を頂き、非常に多くの関心が寄せられていることを改めて実感しました。
弊社ではこれからも、テクノロジーを活用した新しい医療・ヘルスケアの形を生み出すべく、尽力して参ります。

クロスヘルス EXPO2019  https://expo.nikkeibp.co.jp/xhealth/