投稿

酷暑が予想される今年!暑い日のお酒、実はこんなに危険かも?

イメージ
<酷暑が予想される今年!暑い日のお酒、実はこんなに危険かも?> CureApp宋医師が解説する夏の飲酒のリスクとその対策  夏が近づいてきました。BBQやビアガーデンなど、お酒を美味しく感じる季節になりついつい飲みすぎてしまう方も多いのではないでしょうか。しかしながら、夏の飲酒には危険がたくさん潜んでいます。今年の夏も平年より高い気温が続く見通しで酷暑が予想されます。そこで今回は、夏に起こりやすいアルコールによる健康被害を避けるために気を付けたいことをCureAppの社員で医師の宋が解説いたします。 東京で毎年1万人が救急搬送される危険な行為とは  暑い夏に水分補給代わりにゴクゴクとビールを飲み干してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。夏の飲酒で特に危険なことのひとつが「脱水になりやすいこと」です。アルコールには利尿作用があるので、飲酒により体内の水分が失われてしまいます。夏は発汗によりさらに脱水状態となり熱中症のリスクが高まるうえに、血中のアルコール濃度が上昇し、急性アルコール中毒のリスクも高まります。東京消防庁の調査によると、毎年1万人以上の方が急性アルコール中毒により搬送されています。月別に見ると宴会の多い12月についで、7月、8月の搬送者が多いことが分かっています *1 。急性アルコール中毒になると意識レベルが低下し、嘔吐、呼吸状態の悪化など危険な状態になり、命を落としてしまうこともあります。<健康に配慮した飲酒の仕方> *2 を参考に、十分に注意しましょう。 *1 東京消防庁HP  https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/kyuu-adv/201312/chudoku/ *2   出典:厚生労働省「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」 https://www.mhlw.go.jp/content/12200000/001211974.pdf <健康に配慮した飲酒の仕方> (1)自らの飲酒状況等を把握する ご自身の飲酒状況を把握するツールのひとつとして、アルコールに関する問題をスコアリングするAUDITというテストがあります。10項目の簡単な検査ですので、是非受けてみてください。 https://kurihama.hosp.go.jp/hospital/screening/audit.html (2)あらかじめ

【掲載情報】ダイヤモンドオンライン

イメージ
6月12日公開『ダイヤモンドオンライン』にて、『 高血圧は「アプリ」で治す時代?医師がQRコードで処方する「スマート降圧療法」の実力とは』と題して、 高血圧治療補助アプリについて詳しくご紹介いただきました。

高血圧対策に重要な生活習慣の修正こそ、梅雨だる対策!

イメージ
なんとなくダルい、気持ちが沈みがち・・・梅雨の時期の気象病“梅雨だる” 高血圧対策に重要な生活習慣の修正こそ、梅雨だる対策! 梅雨を楽しく快適に過ごすため“梅雨だる”回避の秘訣となる生活習慣をご紹介 梅の実が熟す6月頃になると、日本列島は(北海道と小笠原諸島を除いて)梅雨と呼ばれる雨季を迎えます。 最近はジメジメした日が続きますが、関東では梅雨入りは例年より少し遅くなりそうです。 この時期は、なんとなく気持ちが沈みやすい、体調が優れない、血圧が安定しないといった症状が現れやすくなる頃。 雨模様やジメジメ感だけでも不快な気持ちになりますが、この時期の不調には原因があります。 その原因を理解し対策を講じれば、これから来る梅雨も楽しく過ごすことが可能です。 今回は、実は高血圧対策にもなる梅雨だる対策の方法について詳しく説明します。 天気は体調に悪影響を及ぼすのか? 四季のある日本では、季節の変わり目は体調を崩しやすいものですが、気圧、温度、湿度、日照時間、降水量、雷、風・・・といった気象要素から悪影響を受けるものを気象病と呼びます*¹。様々な気象要素の中でも、気圧の変化は、内耳の気圧感受センサーに影響を及ぼし、自律神経のバランスを乱す原因となります。自律神経の乱れは、頭痛や倦怠感、不眠、不整脈、血圧が上昇するなど、様々な身体的不調をもたらすと言われています。 *¹ https://www.jstage.jst.go.jp/article/spinalsurg/29/2/29_153/_pdf 日本では梅雨に起きやすい=梅雨だる この時期から夏にかけては、気温と湿度が上昇しジメジメとした不快な感覚が増大してくる頃*²。これに加え、日照時間も少なくなります*³。この梅雨の時期に起こる気象病は「梅雨だる」と呼ばれます。頭痛、むくみ、倦怠感、気分の落ち込みなどの症状が起きやすく、そのほか様々な心身の不調をもたらします。 *² https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=50&block_no=47654&year=&month=&day=&view=a2 *³ https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/v

【医療機関向けNews Release】医療現場で役立つ:アルコール健康障害の新ガイドラインが公開

イメージ
<医療現場で役立つ:アルコール健康障害の新ガイドラインが公開> 宋医師が解説するガイドラインの概要と「減酒治療」の最新のアプローチ    令和5年度厚生労働省障害者総合福祉推進事業において、アルコール健康障害に関する新たなガイドラインが令和6年3月に公開されました。アルコール健康障害を持つ方には、治療が必要と思われる状況にもかかわらず医療機関につながることができていない、いわゆる治療ギャップが存在することが知られています。新たなガイドラインは、この治療ギャップを埋め、 アルコール健康障害の早期発見から治療、回復までの一連の切れ目のない取組を推進するため、医療従事者が知っておくべき内容を網羅した必見の内容 となっております。  今回公開されたガイドラインは 「健康診断および保健指導におけるアルコール健康障害への早期介入に関するガイドライン」 「医療機関でのアルコール健康障害への早期介入と専門医療機関との円滑な連携に関するガイドライン」 「地域におけるアルコール関連問題への対応と医療との円滑な連携に関するガイドライン」 の3点です。このようなガイドラインが公開される背景として、現在アルコール健康障害のとらえ方が大きく変化してきていることがあげられます。アルコール依存症に至る前、現時点で身体的、精神的な健康問題が重大でない場合であっても、危険な飲酒を早期に発見し、治療を受けることの重要性に対する認識が広がりつつあります。そこで、今回はCureAppで減酒治療アプリの開発を率いる宋医師が各ガイドラインの概要を解説致します。 <宋医師が解説!> ・健康診断および保健指導におけるアルコール健康障害への早期介入に関するガイドライン  健康診断や保健指導の場において、アルコール健康障害の早期発見、早期介入を推進することを目的としています。このガイドラインでは、スクリーニングと保健指導を行うフロ-チャートを提示しています。フローチャートの概要は以下の通りです。 <減酒指導対象者の抽出> ・特定健康診査(以下、特定健診)の質問票で得られる飲酒頻度と飲酒量を元にして、減酒指導対象者を抽出する。 ・多量飲酒該当者の抽出には、健康日本21(3次)およびWHOのガイドラインで規定されている飲酒による生活習慣病等のリスク評価を用いる。 ・特定健診の項目より、保健指導判定値および受診勧奨値の該当者

【掲載情報】メディカルトリビューン

イメージ
6月4日公開『メディカルトリビューン』にて、診療報酬改定に関するラウンドテーブルと高血圧治療補助アプリを用いた新サービス「血圧チャレンジプログラム」についてお取り上げいただきました。 https://medical-tribune.co.jp/news/2024/0604563131/ ※記事は有料会員限定で、全文を読むには登録が必要です。

【掲載情報】m3.com

イメージ
  6月3日公開『m3.com』にて、診療報酬改定に関するラウンドテーブルと新サービス「血圧チャレンジプログラム」についてお取り上げいただきました。

【掲載情報】朝日新聞デジタル

イメージ
  6月3日公開『朝日新聞デジタル』にて、「患者への処方はスマホアプリ 生活習慣変え治療に活用 医療費抑制も 」と題して、 CureApp HT 高血圧治療補助アプリ についてお取り上げいただきました。

新サービス「血圧チャレンジプログラム」6月3日にスタート

イメージ
診療報酬改定を機に新たなサービスを提供 高血圧治療補助アプリを用いた CureApp 血圧チャレンジプログラム 6月3日にスタート 〜ひとりでは続けられない生活習慣改善を医師と共に楽しく継続しやすく〜  株式会社Cur eApp(キュア・アップ/本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、2022年9月より医療機関にて処方が開始している高血圧治療補助アプリ(以下、本アプリ)に関して、新たにサービスを拡充させた「CureApp 血圧チャレンジプログラム」(以下、本プログラム)が6月3日(月)よりスタートすることをお知らせいたします。  医学的に正しい情報が組み込まれた保険適用の治療アプリを使用することで結果が出しやすくなることを目指し、生活習慣改善を行っていく上で最大の難所である減塩のレシピも提供することでサポートします。日々の頑張りや治療経過が分かりやすくまとまった患者レポートを医師からお渡しすることで毎月の診察のモチベーションアップに繋げます。 本プログラム開始の背景 ・国が進める生活習慣改善対策  高血圧をはじめとする生活習慣病の適切な管理は健康増進において重要であり、生活習慣を改善することで病気の予防や重症化を防ぐことができます。国が健康増進対策として策定している健康日本21でも、生活習慣病の発症予防は重要な課題とされており、実際に今年度から開始された「第3次健康日本21」では、脳卒中などのリスクを抑制するため、健康な方の1日当たりの食塩摂取量目標が見直されました。  また、令和6年度診療報酬改定においても、生活習慣病の効果的・効率的な管理及び重症化予防の取組を推進する内容が盛り込まれています。 ・生活習慣改善の難しさが課題  高血圧症の治療には「生活習慣の改善が必須であること」は、医師はもちろん患者さん側も認識しつつも、患者さんは診察時以外の私生活において自らの生活に気をつけなければならず、生活習慣改善を継続することが難しい現状があります。実際に、CureAppが行った高血圧未受診者を対象とした調査では、2人に1人が自力での生活習慣の改善が難しいと感じており、その理由として一番多かったのが「継続ができない」ことでした ※ 。 ※:高血圧未受診者に対する意識調査(2022年5月11日) https://cureapp.blogspot.com/2022

【メディア出演情報】BS朝日「Fresh Faces ~アタラシイヒト~」

イメージ
  2024年5月25日(土)放映のBS朝日 「Fresh Faces ~アタラシイヒト~」 に、弊社代表の佐竹が出演いたしました。  YouTubeでバックナンバーの本編をご覧いただけます。  https://youtu.be/y3C4sZFRwUw?si=zJci4eRy2DSFbNo1 是非ご覧ください。

【掲載情報】@DIME

イメージ
  5/23公開の小学館ダイム公式サイト @DIMEアットダイム にて、弊社配信のプレスリリース「専門医に聞く、高血圧のウソ・ホント」についてご紹介いただいております。 是非ご覧ください。 https://dime.jp/genre/1790427/#google_vignette