投稿

2月, 2021の投稿を表示しています

【テレビ東京】チェンジ・ザ・ワールド アプリで禁煙 放映

イメージ
 テレビ東京の チェンジ ・ ザ・ワールド ( 2021.2.24 午後10時54分 )にて弊社ニコチン依存症治療アプリについて放映されましたのでお知らせさせていただきます。 番組内容は下記よりご覧いただけます テレビ東京 チェンジ ・ ザ・ワールド  ( 2021.2.24 午後10時54分 放送 ) https://www.tv-tokyo.co.jp/changetheworld/backnumber/index.html

どこでも生き残れる力がつくのが、CureApp。エンジニアが成長実感高く、気持ちよく働けるワケは?

イメージ
現在、ニコチン依存症治療アプリ、 高血圧治療アプリ など、次々と革新的なプロダクトを生み出しているCureApp。 その立役者となるのが、高いモチベーションと技術を持ち働くエンジニアです。   開発プロダクトに情熱とやりがいを持ち、成長実感を持ちながらのびのびと働いているエンジニア達。 上司と部下の垣根なく、フラットなコミュニケーションができるのも大きな魅力だといいます。   今回は多様なバックボーンを持つ4人のエンジニアに、CureAppでの仕事のやりがいや働く環境などについて話を聞いてみました。  (左から:鈴木直美、今町直登、中村哲、青山 尚紀 )   <メンバー紹介>   中村哲(なかむらさとる)  《エンジニアリングマネージャー》 略歴:富士ゼロックスにて、ソフトウェアエンジニアとして、自社サービスの開発に携わった後、2018年2月にCureAppに入社。 「 非アルコール性脂肪肝炎(NASH)治療アプリ 」、民間法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure STEPS」などの開発にエンジニアとして携わった後、技術部の部長に。エンジニアリングマネージャーとして組織全体のパフォーマンス向上を担う。 1男1女あり。ボルダリング歴10年。 鈴木尚美(すずきなおみ)  《テックリード/ 高血圧治療アプリ 担当》 略歴:東北大学物理学科卒業、CureApp唯一の新卒入社。業務の中でプログラミングを徐々に習得し、今ではプロダクトを束ねるテックリードに。 趣味は歌と洋裁。自身の手作りの洋服で全身コーディネートできるほどの腕前。   今町直登(いままちなおと)  《エンジニア/ascure卒煙プログラム担当》 略歴:大学在学中はPython や R を使ってゲノム・遺伝子解析を行う。その後、臨床検査会社の IT 子会社でエンジニアとしてのキャリアをスタートし、2020 年にCureAppに入社。論文を読んだり、ゲノム解析の勉強を趣味とする知性派。   青山 尚紀 (あおやま なおき)  《エンジニア/ アルコール依存症治療アプリ 開発担当》 略歴:株式会社KDDIエボルバにてテクニカルサポートからキャリアスタートし、Mikatus株式会社にWebエンジニアとして転職後、2020年8月にCureApp入社。音楽やスノーボードが趣味。   ――まず簡単に自己紹介をお願いで

【@DIME】どこまで使える?日本で初めて薬事承認を取得した世界初のニコチン依存症治療用アプリ「CureApp SC」

イメージ
どこまで使える?日本で初めて薬事承認を取得した世界初のニコチン依存症治療用アプリ「CureApp SC」 と題し、弊社のニコチン依存症治療アプリ「CureApp SC」について@DIMEに掲載いただきましたので、お知らせさせていただきます。 @DIME どこまで使える?日本で初めて薬事承認を取得した世界初のニコチン依存症治療用アプリ「CureApp SC」 https://dime.jp/genre/1087436/

【日本経済新聞】禁煙治療アプリに保険適用 診察の「空白」埋める 掲載

イメージ
日本経済新聞(2021.2.22 付)に「禁煙治療アプリに保険適用 診察の「空白」埋める」と題し、弊社ニコチン依存症治療アプリについて掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 日本経済新聞 禁煙治療アプリに保険適用 診察の「空白」埋める  https://www.nikkei.com/article/DGXZQODG056VJ0V00C21A2000000/?unlock=1

【読売新聞】最適な治療 アプリで処方…禁煙向け 実用化第1号 掲載

イメージ
 弊社プロダクトであるニコチン依存症治療アプリ他、治療用アプリについて「 最適な治療 アプリで処方…禁煙向け 実用化第1号 」と題し読売新聞 ( 2021.2.11 朝刊 ) に掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 読売新聞 最適な治療 アプリで処方…禁煙向け 実用化第1号 https://www.yomiuri.co.jp/commentary/20210210-OYT8T50138/

【J-WAVE ラジオ】JK RADIO TOKYO UNITED 〜FEATURE FOCUS〜放送

イメージ
J-WAVE ラジオ  「JK RADIO TOKYO UNITED 〜FEATURE FOCUS〜」  (2021.2.19 PART1 放送)にて弊社代表 佐竹がデジタル療法や弊社ニコチン依存症治療アプリについて、お話をさせていただきました。 詳しくはこちらよりご覧ください https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/archives/feature-focus/2021/02/19-071551.html (放送はradikoでもお聞きいただくことができます: https://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20210219060000 ) J-WAVE ラジオ JK RADIO TOKYO UNITED 〜FEATURE FOCUS〜 https://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

導入実績200法人突破 完全オンライン禁煙支援「ascure卒煙プログラム」

イメージ
  導入実績200法人突破 完全オンライン禁煙支援「ascure卒煙プログラム」 参加者増加で月曜日と日曜日も禁煙指導面談が可能に  医療機関向け「治療アプリ®」 の研究開発およびその開発知見を活用した法人向けモバイルヘルスプログラム(※)を提供する株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、法人向け「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」において、2017年4月の提供開始から約4年で導入法人数が200件を突破したことをお知らせします。  またコロナ禍での健康意識の高まりなどによる禁煙プログラム参加者の増加に伴い、 今まで火曜日から土曜日の午後のみだったオンライン禁煙指導面談を月曜日、日曜日と午前中の受け入れを開始し、より面談が受けやすい環境になりました。 (※)法人向けモバイルヘルスプログラムが提供するサービスは、医療機器・医療行為ではございません。本プログラム及び専用アプリは医療機器ではなく、ニコチン依存症の「治療」を行うものではありません。 【 ascure(アスキュア)卒煙プログラムについて】 「医師開発の専用支援アプリ」、「医療資格を持つ指導員によるオンラインサポート」、「OTC医薬品の自宅配送」を組み合わせ、完全オンラインで完結する利便性を追求した新しい禁煙体験を提供しています。  従来の禁煙外来では3ヶ月に5回通う必要がある通院の負担や、通院と通院の合間は自身の力で取り組まなければならない「孤独な戦い」が障害となるなど、自宅や勤務時などでの心理面のサポートに課題がありました。  当プログラムは、看護師や薬剤師などの医療資格と育成プログラムを経て専門知識を持った指導員が30~40分かけてオンライン面談を行い、加えて専用の支援アプリからも365日参加者個人に合わせたアドバイスを提供するため、心理面でも手厚いサポートが可能となりました。また、禁煙の失敗が多い3〜6ヶ月の期間も支援する長期にわたるサポートが、プログラム終了後にもしっかりと持続できる禁煙継続に寄与します。 【ascure(アスキュア)卒煙プログラム概要 】 面談日時:月曜日〜日曜日 9:00-20:00( 年末年始及び当社指定の休業日を除く ) 面談時間:初回のみ40分、以降は30分 ホームページ: https://sc.ascure.technology/

禁煙への挑戦と成功を後押しする情報提供サイトをオープン

イメージ
  禁煙への挑戦と成功を後押しする情報提供サイトをオープン 進化する治療法やタバコの健康への影響の最新研究など 禁煙に役立つ最新情報を提供 株式会社CureApp(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐竹晃太)は、禁煙への挑戦と成功を後押しする情報提供サイト( https://sc.cureapp.com/p/ )をオープンしたことをお知らせいたします。 禁煙情報サイト設立の目的  厚生労働省の掲げる「健康日本21」によると、喫煙は様々な病気を引き起こし日本人の最大の死亡要因とされています。肺に関する疾病はもちろん、高血圧や糖尿病のような生活習慣病が重症化する要因ともされていますが、まだまだその認識が十分広まっているとは言えません。また、2020年4月には日本呼吸器学会より、喫煙は新型コロナウイルス肺炎重症化の最大のリスクとの発表もなされました (※1) 。  コロナ禍で健康意識が高まる中、タバコを吸われる方が「禁煙したほうがいいのは分かっているけど、タバコをやめるのは難しい」と感じるのは、病気である「ニコチン依存症」の状態になっているためです。「ニコチン依存症」は脳の病気で、この依存状態を自力で克服することは困難です。一方で、「ニコチン依存症」という病気を理解し、医学的に正しい方法で治療を行えば、より少ない負担での克服が可能になります。ニコチン依存症の治療にはこの10年で大きな進化があり、身体的依存には医薬品、心理的依存には治療用アプリという新しい治療手法が生まれています。こうした正しい治療法を活用することで、その成功率は飛躍的に上昇しています。  本サイトでは、このような最新禁煙治療の解説や、禁煙外来についての詳しい説明、たばこが健康に及ぼす正しい知識といった情報を掲載しています。今後も、禁煙に挑戦したいと思っている喫煙者の方々、周囲の方に禁煙を勧めたい方々に役立つ最新情報を提供し、より多くの方々の禁煙をサポートしてまいります。 (※1)新型コロナウイルス感染症とタバコについて(日本呼吸器学会Webサイトより) https://www.jrs.or.jp/modules/covid19/index.php?content_id=9 株式会社CureAppについて  株式会社CureAppは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医

【Medical DOC】国内初、アプリの保険適用! 「禁煙治療アプリ」の開発者に直撃インタビュー 掲載

イメージ
「 国内初、アプリの保険適用! 「禁煙治療アプリ」の開発者に直撃インタビュー 」と題し、弊社代表 佐竹のインタビューが Medical DOC に掲載されましたので、お知らせさせていただきます。 ニコチン依存症治療アプリ「CureApp SC」を用いたデジタル療法とはどのようなものか、お話させていただきました。 是非ご覧ください Medical DOC 国内初、アプリの保険適用! 「禁煙治療アプリ」の開発者に直撃インタビュー 掲載 https://medicaldoc.jp/column/202102t0048/ 下記サイトからもご覧いただけます Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/2ec585f73bf9ad61234a155fdf5dfdf8db51a2a7 Livedoor NEWS https://news.livedoor.com/article/detail/19648044/

【日本経済新聞】「Healthtech/SUM 2020」デジタル化で医療を大胆に変革

イメージ
先日弊社代表佐竹がパネリストとして登壇した「 Healthtech/SUM 2020 」の内容について本日、 日本経済新聞(2021.2.4 朝刊 全国版 )に掲載されましたので、お知らせさせていただきます。 アプリを活用した新しい治療法「 デジタル療法 」についてお話させていただきました。 Healthtech/SUM 2020 カンファレンスについては下記よりご覧いただけます 変化する「創薬」の概念 (動画) https://channel.nikkei.co.jp/d/?p=healthtechsum2020a&s=2905 Healthtech/SUM 2020  プログラム https://www.healthtechsum.jp/program_day1.html

【NHK きょうの健康】ここまで来た!高血圧最新対策」第2回「AIが予測 アプリで改善」

イメージ
  NHK きょうの健康 ( 2021年2月2日放送 )にて弊社の高血圧治療アプリについて放映されましたのでお知らせさせていただきます。 再放送予定は 2月9日(火)13:35〜13:50  となりますので、是非ご覧ください。 NHK きょうの健康 ここまで来た!高血圧最新対策」第2回「AIが予測 アプリで改善」 https://www.nhk.jp/p/kyonokenko/ts/83KL2X1J32/episode/te/N1GNY79Y1Z/