投稿

7月, 2021の投稿を表示しています

MRとエンジニア、両方の経験を活かして。カスタマーサクセスとして挑む「治療アプリ®︎」

イメージ
  呼吸器系の薬剤を扱うMRとして数年間勤務した後、エンジニアなどIT関連の職も経験してきた曽根原。CureAppでは、「ニコチン依存症治療アプリ」のカスタマーサクセスを担っています。MR時代の経験や、IT関連企業で培った経験がCureAppでつながり、存分に活かされている感覚があるといいます。 「治療アプリ®︎」への社会的な認知をあげるために、今まで経験のなかったコンテンツ作りなどにも日々奮闘中。世の中にないものを生み出し、スケールさせていくことの楽しさを実感中だという曽根原にCureAppの仕事について聞いてみました。 曽根原 綾華(Ayaka Sonehara)  《医療禁煙事業開発 カスタマーサクセス》 新卒でグラクソ・スミスクライン株式会社に入社。香川県にてMRとして勤めた後、 Apple Japan 合同会社にて、在宅カスタマーサポートに転職。その後、エンジニアとして製薬会社のサイト運用を経験し、2020年5月にCureApp入社。現在は、「ニコチン依存症治療アプリ」のカスタマーサクセスを担う。趣味はサーフィンなど。 MRとエンジニアの橋渡し的な存在に ――CureAppに入社したきっかけを、教えてください。 新卒でグラクソ・スミスクラインに入社しMRとなりました。扱っていたのは呼吸器系の薬剤で、香川県で営業の毎日でした。 MRとしてある程度成績を残し、キャリアチェンジを考えた時、次はITに関係し、サーフィンができる仕事が良いと考え、在宅で勤務できる会社を探すことにしました。そこで、知人の勧めもあり、Appleの在宅カスタマーサポートに転職しました。 MR職では、ITに馴染みはなかったのですが、日常生活にIT機器がどんどん入ってくるなかで、ITやプログラミングへの興味が膨らみ、独学でプログラミングの勉強もしていました。 Appleのカスタマーサポートでは、顔の見えない相手に対してiPhoneの操作指示を的確にすることで困りごとを解決するというTech系の経験ができた反面、クレーム対応に課題を感じ、次のスッテップを考えるようになりました。その後、本格的にプログラミングを習得し、エンジニアも経験しました。 CureAppには、エンジニアをしている際にスカウトをもらいました。 ――CureAppのどんな所に惹かれて、入社されましたか。 MRとして関わった医療に

【日経ムック】DXスタートアップ革命

イメージ
  7月8日発売のDXスタートアップ革命(日経ムック)内、岩盤市場のデジタル変革〜医療業界のDX〜として弊社代表佐竹のインタビュー他、プロダクトについて掲載いただきましたので、お知らせさせていただきます。