【日経デジタルヘルス】遠隔診療の意義と社会的位置付けを見極める

「遠隔診療の意義と社会的位置付けを見極める」と題した日本遠隔医療協会が開催したワークショップにて、弊社社長の佐竹が登壇いたしました。

ポート様、エクスメディオ様、MRT様、メディプラット(メドピア)様、メドレー様、など多くの企業が参加し、期待が高まる一方、今後どのような方向で定着させていくのかといった検証も必要な遠隔診療・遠隔相談サービスについて熱い議論で盛り上がりました。

当日の様子が、日経デジタルヘルス「デジタルヘルス・レポート」に掲載されております。
ご興味のある方は、是非ご覧ください。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/327442/100900093/?ST=health&P=1

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認