投稿

12月, 2016の投稿を表示しています

第1回 IoMTサミット

イメージ
12月10日に開催された第1回 IoMT*サミットにて、弊社社長の佐竹が『民間企業から見たIoMTの可能性』というテーマで登壇いたしました。*Internet of Medical Thingsの略称
https://iomt.or.jp/meeting/

新しいテクノロジーの導入が多くの分野で進む中、医療においても政府が未来投資会議において人工知能(AI)などの新技術に対する診療・介護報酬体系を見直す方針を固めるなど、テクノロジーの活用が近年急速に検討されています。

そのような中、今回のサミットでは、遠隔診療や人工知能など、医療分野でのIoT活用の事例やどのように医療が進歩していくのか、多くの有識者が意見を交わしました。

《主催》IoMT学会HP(https://iomt.or.jp/)

※弊社では、「アプリ・モバイルテクノロジーで治療する」新しい医療を生み出す仲間を募集しています
ご興味のある方はぜひご連絡ください

第3回日本橋ライフサイエンスシンポジウム

イメージ
12/4に行われた第3回日本橋ライフサイエンスシンポジウム「ライフサイエンスへ向かうVC投資~VCと医療系スタートアップのギャップを埋めよう~」にて、弊社社長佐竹が登壇いたしました。

http://www.link-j.org/events/report/835/


IT分野への投資が活発な中、第2の投資先としてライフサイエンス分野が注目されています。
しかし、VC側では投資先の発掘に苦労されておられるという声、他方でベンチャー側(特にアカデミックR&D型)では資金調達に苦労しているという声が多いと私たち自身も感じていました。
薬事規制法の見直しや遠隔診療など医事規制の緩和により今後大きな期待ができる分野であり、また(弊社自身もですが)アカデミックなシーズから生まれる医療系ベンチャーが成長する環境がさらに充実してほしいという想いもあり、今回登壇させて頂きました。
 豊富な実績をお持ちの方々が登壇されたため、弊社自身も大変学ぶことが多い、とても有意義な会となりました。