【日経デジタルヘルス連載】医師・佐竹晃太の「モバイルヘルス」で変わる医療 第3回

日経デジタルヘルスにて弊社CEO佐竹が連載を再開しました!


日経デジタルヘルス様にて連載させて頂いております【連載:医師・佐竹晃太の「モバイルヘルス」で変わる医療】、近年大きく進歩してきたモバイルヘルス業界の動きをお伝えしたく、連載を再開しました!

今回は<モバイルヘルス企業と製薬企業のタッグに注目>と題し、Vida Healthという心臓病患者を対象としたアプリ「Day-by-Day」について執筆しております。

日本に先駆けアメリカではモバイルヘルスケア領域が急速に発展しています。
多くのアプリが開発される中、今回ご紹介するVida Health社の「Vida Health」はアカデミアとの連携をより重視し、慢性疾患患者のセルフケア能力を向上させる機能が多いのが特徴です。
心臓病患者を対象としたアプリ「Day-by-Day」が製薬会社と提携することで患者さんへの費用面や予後のリハビリにもポジティブな効果が期待できる点について、日本のモバイルヘルス業界においても参考になる点が多いのではないでしょうか。

詳しくはhttp://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/374506/012400002/?ST=health&P=1をご覧ください。

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【メディア掲載】日刊薬業〜国内初「治療アプリ」の治験10月開始へ〜