【エンジニアイベント】React.js meetup × React Native meetup 合同勉強会

先日3月16日、React.js meetup × React Native meetup 合同勉強会が開催されました。

Web開発において急速に普及しつつあるReact、そして、Reactの書き方をベースにネイティブアプリをつくることができるReact Nativeに関する合同勉強会。
予約段階から会場枠を大きく超える方々に参加表明を頂いておりましたが、当日もたくさんの方がいらっしゃり、とても活気溢れる勉強会となりました。


https://react-native-meetup.connpass.com/event/49024/

Feacebookはもちろんのこと、Instagramも取り入れているReact.jsですが、そのReact.jsベースでネイティブアプリを構築できるReact NativeはJavaScriptでネイティブ層を制御することにより、各プラットフォームにおいて自然なアプリが作成できます。

多くの方へReact Nativeの良さを知っていただけたらという思いで今回React.js meetupのみなさまとともに合同イベントが実現しました!

冒頭に行われた30分のパネルディスカッションでは、弊社CTO高木(写真右)が弊社の推進するUniversal JavaScriptやドメイン駆動設計と相性がよいことなど、実戦での事例を交えながらReact Nativeの魅力をお伝えさせて頂きました。

その中でReact NativeにまつわるクイズをTwitter(https://twitter.com/CureApp_Inc)でも出題しました。正解者の方、おめでとうございます!

今回は弊社もわずかながら、スポンサーをさせて頂きました。積極的に新しい技術を取り入れ、実戦投入していくカルチャーを大事にしたいと考えております。こういった活動も通じてReact Native、ひいては今後の技術の発展に少しでも貢献できればと思います

今回の盛り上がりからもReact Nativeは、Webフロントエンドエンジニアとスマートフォンアプリエンジニアの接点としてますます発展を遂げていくと思います!
CureAppもますます注力していきますので、今後もご期待ください。

弊社では、モバイルテクノロジーで新しい医療を生み出すという目標に向けて、有益な技術であれば新しいものを積極的に取り入れ、実戦投入していきます。もしご興味をお持ち頂けましたら、ぜひオフィスに遊びに来て下さい!






このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認