慶應義塾の機関誌「三田評論」に寄稿させて頂きました


弊社CDO*の鈴木が、自身の出身校でもある慶應義塾 三田評論〜塾員クロスロード〜にて、『二足の草鞋の先にあるもの』というテーマで寄稿させて頂きました。
 −
CDO:Chief Development Officer、最高開発責任者


三田評論は明治31年から続く慶應義塾の機関誌です。多くの慶應義塾出身者はもちろん、執筆者の層はそれだけに留まることなく、学問や教育をはじめとした社会的・国際的なテーマを取り上げている歴史ある機関誌です。

今回ありがたいご連絡を頂き、弊社CDO鈴木が「医師 x エンジニア」として奮闘したキュア・アップの創業からとしてこれまでとこれからについて寄稿させて頂きました。
詳しくは下記をご覧ください。
三田評論:http://www.keio-up.co.jp/mita/

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動