Schoo様で生講義をさせて頂きました!「React Nativeで変わるアプリ開発」

4月12日に弊社CTO高木Schoo様にて講師として授業をさせて頂きました。

Schoo(スクー)参加型の生放送授業3,000時間以上の動画により仕事に活かす知識やスキルを学ぶことができるというもので、参加者同士や参加者と講師が対話形式で会話を交わしながら学ぶことができるのです。

今回「React Nativeで変わるアプリ開発」をテーマにReact Native Japan中田さん、山本さんとともに授業を行いました。

React NativeJavaScriptでネイティブ層を制御することにより、iOS / Androidの各プラットフォームにおいて自然なアプリを作成することができます。高木は弊社での実戦投入の経験から、実際に使用するときの「メリット・デメリット」など、日頃使用して感じた具体事例を交えてお話し致しました。

当日は少し緊張気味の高木でしたが、丁寧にリハーサルをして頂き「まさにプロ」の技で構成などその場で決めていくディレクターさんや、非常にしゃべりやすく進行してくださった受講生代表の田原さんに助けられ、講師としての務めを果たすことができました。

授業中は非常にたくさんの質問を頂き、弊社の具体的な活用事例に対しても「そこまで使われているのか」といったコメントを頂いたりと、 React Native への関心が非常に高くなっていることを実感することができました。

生放送後にも視聴者の方から「わかりやすかった」「React Native やろうと思った」などというお言葉をいただき、参加者の方に喜んで頂けたのではないかという手応えを高木も感じ、大変嬉しく思っております。

http://schoo.jp/class/3815/room?trial=1&token=71d144d05e6c8c35d2a886031197f78c

高木から:『最後になりますが、こういう場を設けてくださった鎌田さん、二宮さん、生放送だからと障害対応を率先して行動してくれた弊社CDO 鈴木には感謝しております!』

高木個人としても、弊社としても、エンジニア界やReact Nativeがこれから益々盛り上がっていくよう、これからも新しい取り組みをしていく予定です。

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【メディア掲載】日刊薬業〜国内初「治療アプリ」の治験10月開始へ〜