【メディア掲載】健康経営、データヘルス計画における「モバイルヘルス」の可能性

先日開催された第90回 日本産業衛生学会(2017年5月11日~13日)にて、弊社代表 佐竹が「産業保健領域における医療・健康用スマートフォンアプリ活用の潮流」と題したランチョンセミナーを行いました。

弊社では医療機関向けに「病気を治療するアプリ=治療アプリ」の共同開発・臨床研究を進めておりますが、その知見を活かして「法人向けモバイルヘルス(mHealth)プログラム 第一弾「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」を開発、今年4月にリリースしました。

今回のランチョンセミナーでは立ち見が出るほど多くの産業医、保健師などの方々にご来場いただき、社員の健康増進に向けたモバイルヘルス活用への注目を感じることができました。
その様子をHEALTHCARE Biz様に取り上げて頂きましたので、ぜひご覧ください。

http://healthcare-biz.jp/2017/05/%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%80%81%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab/

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得