【メディア掲載】健康経営、データヘルス計画における「モバイルヘルス」の可能性

先日開催された第90回 日本産業衛生学会(2017年5月11日~13日)にて、弊社代表 佐竹が「産業保健領域における医療・健康用スマートフォンアプリ活用の潮流」と題したランチョンセミナーを行いました。

弊社では医療機関向けに「病気を治療するアプリ=治療アプリ」の共同開発・臨床研究を進めておりますが、その知見を活かして「法人向けモバイルヘルス(mHealth)プログラム 第一弾「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」を開発、今年4月にリリースしました。

今回のランチョンセミナーでは立ち見が出るほど多くの産業医、保健師などの方々にご来場いただき、社員の健康増進に向けたモバイルヘルス活用への注目を感じることができました。
その様子をHEALTHCARE Biz様に取り上げて頂きましたので、ぜひご覧ください。

http://healthcare-biz.jp/2017/05/%e5%81%a5%e5%ba%b7%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%80%81%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%98%e3%83%ab%e3%82%b9%e8%a8%88%e7%94%bb%e3%81%ab%e3%81%8a%e3%81%91%e3%82%8b%e3%80%8c%e3%83%a2%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%ab/

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認