日本産業衛生学会にてランチョンセミナーを行いました

5月11日〜13日に行われた「第90回 日本産業衛生学会」。企業や行政機関などで保健指導に携わる産業医・保健師の方々が一堂に会し、今年も4,800名もの来場者があった大きな学会です。

弊社も「病気を治療するアプリ=治療アプリ」の取り組みや、今年4月に「法人向けモバイルヘルスプログラム」第1弾としてascure(アスキュア)禁煙プログラムを発表したことからお声がけを頂き、「産業保健領域における医療・健康用スマートフォンアプリ活用の潮流」というテーマでセミナーをさせていただきました。

 当日は予想を上回る盛況ぶりに社員一同慌てるところもありましたが、今後の産業保健におけるスマートフォンアプリへの関心の高さを改めて感じることができ、大変有難い機会となりました。


※当日の詳しい様子はHEALTHCARE Biz(ヘルスケア ビズ)様でも取り上げて頂きました
 − http://healthcare-biz.jp/2017/05/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%80%81%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%80%8C%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB/

企業展示ブースにも出展させて頂き、普段はお客様とお会いする機会が限られるエンジニアや薬事・臨床開発などのメンバーも、多くの産業医・保健師の方々のご意見をうかがうことが出来ました。
 
多くの方に「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」にご興味をお持ち頂けたほか、「禁煙外来・禁煙プログラムに参加者が集まらない」「成功率が芳しくない」といった現場の課題感を社員が直接うかがうことができ、改めてニーズを感じて励みになると共に、今後の製品開発やプロモーションに活かせる視点を得られたという点でも、とても貴重な機会になりました。
 −「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」についてはこちら:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000015777.html

最終日には「スマートフォンアプリの医療への活用による治療効果と事例紹介(禁煙治療を中心に)」という題にてポスター発表も行いました。



 現場で日々取り組まれている方々の貴重なご意見を、多くの社員がうかがえた本会。頂いたご意見や視点を反映して、さらに良いプロダクト・サービスとして参ります!

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認