【メディア掲載:IoTデバイス「ポータブル呼気CO 濃度測定器一体型治療アプリ」】メディカルトリビューン、日本経済新聞、日経デジタルヘルス、薬事日報など

先日、弊社がプレスリリースを致しました、IoTデバイス「ポータブル呼気CO 濃度測定器一体型治療アプリ」を多くのメディアに取り上げて頂きました。

近年、政府の未来投資会議や厚生労働省において、遠隔診療への保険適用の拡大が議論され、禁煙治療もその対象の一つとして注目を集めています。一方で、禁煙治療をするにあたって重要な呼気一酸化炭素(CO)濃度測定は、遠隔では行えないとの矛盾点がありました。

また、CO濃度測定の無い「自己申告」の禁煙成功率に対し、「呼気CO濃度値」を加えて確認された禁煙成功率には約2倍の乖離があるという論文もあり、禁煙成功・失敗を正確に確認するためにCO濃度測定が有用と言えます*注

今回弊社が発表した「ポータブル呼気CO 濃度測定器一体型治療アプリ」は、個人のスマートフォンとBluetoothにて連動した測定器により、通院をせずとも在宅・院外で呼気CO濃度測定を可能にし、遠隔診療での禁煙治療においてもCO濃度測定を可能にする点で、大きな意義を有していると考えています。

下記、掲載していただきましたメディアを一部ですが表記させて頂きます。

ーメディカルトリビューンhttps://medical-tribune.co.jp/news/2017/0507508422/ 

ー日本経済新聞(電子版)http://www.nikkei.com/article/DGXMZO15941270R00C17A5000000/

ー日経デジタルヘルスhttp://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/050107410/?ncid=nbptec 

ー薬事日報http://www.yakuji.co.jp/entry57934.html

ーCNET Japanhttps://japan.cnet.com/article/35100417/ 

ーHEALTHCARE Bizhttp://healthcare-biz.jp/2017/05/%E7%A6%81%E7%85%99%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AF%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%EF%BC%8Biot%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%B8-%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E3%82%AD/

ーMed IT Techhttp://medit.tech/cureapp-developed-iot-equipment-to-be-used-for-remote-smoking-cessation-therapy/ 

ーMedtec Japan Onlinehttp://www.medtecjapan.com/ja/news/2017/05/01/1896

ーSankei Bizhttp://www.sankeibiz.jp/business/news/170501/bsj1705010500008-n1.htm

詳しくは先日のプレスリリース記事をご覧ください。
*注:Am J Prev Med. 2014 Sep;47(3):242-50. Acroms JC et, A randomized trial of Text2Quit: a text messaging program for smoking cessation

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動