【日経産業新聞】「アプリ治療」医療費抑制〜糖尿病や禁煙管理 米では保険適用も〜

6月9日付け、日経産業新聞「アプリ治療」医療費抑制〜糖尿病や禁煙管理 米では保険適用も〜という見出しにて掲載いただきました。

「アプリが医薬品のように治療効果を持つ」– そのような未来の実現を目指す弊社の取り組みと、患者様、国の医療費削減への可能性を大きく取り上げて頂きました。
2014年にソフトウェア・アプリも医療機器となるとする法改正が行われました。 診断用のアプリでは承認された実例がありますが、「治療効果を持つアプリ」の医療機器承認は、日本ではまだありません。一方で、既に米国ではFDA承認を得て保険適用もされているアプリが現れるなど、モバイルテクノロジーが医療機器として、医薬品・ハードウェア医療機器では創出できなかった新しい効果を創出する「未来の医療」が日本でも生まれると思います。
また、アプリが高い医療経済性を持ち、逼迫する医療財政への貢献が大きいことも重要な視点と思います。
そうした可能性について詳細に取り上げて頂きましたので、是非ご覧ください。
 記事全文は、下記URLよりご覧頂けます:
 http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=C85234B2BDB44060A824F9763A5F816D

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動