株式会社キュア・アップと株式会社ヒカリラボ、法人向けにアプリとオンライン指導による「メンタル・カウンセリングプログラム」の開発提供で業務提携

疾患治療用プログラム医療機器として「治療アプリ」の研究開発から製造販売を事業とする株式会社キュア・アップ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)と、オンラインカウンセリングやスマートフォンアプリによる心理ケアを提供する株式会社ヒカリラボ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:清水 あやこ)は、法人向けにアプリとオンライン遠隔指導を組み合わせた「メンタル・カウンセリングプログラム」の開発・提供にあたり業務提携を行い、今年秋からのサービス開始を目指して共同で取組むことをお知らせ致します。

近年、医療費の高騰・従業員の生産性向上などの観点から、企業・健康保険組合における健康増進への取り組みみの強化が課題となっており、経済産業省を中心とした「健康経営」、厚生労働省を中心とした「データヘルス計画」が推進されています。その中でも、メンタルヘルスへの対策が大きな社会的課題になっていることは言うまでもありません。不安や悩み、ストレスなどのメンタルヘルスの不調は、うつ病の原因の一つとされており、うつ病は一度罹患してしまうと休職や復職するまでに自身だけでなく企業にも大きな負担が生じてしまうため、深刻化する前に適切な支援を行うことが重要です。しかしながら、カウンセリングなどに通う負担や、通っていることを周囲に知られたくないという物理的・心理的なハードルから、支援を受けていない方が多くいらっしゃいます。

キュア・アップとヒカリラボは、今回のメンタル・カウンセリングプログラムによりこのような課題へのソリューションを提供することを目指します。


【本プログラムの特徴】

1、認知行動療法に基づいたアプリ『S P A R X』による心理ケアの提供「SPARX」はオークランド大学よって開発された、専門的な認知行動療法に基づく心理ケアをロールプレイングゲームというアプローチによって、分かりやすく・心理面での負担を少なく提供するプログラムです。さらに、キュア・アップの「治療アプリ」や「法人向けモバイルヘルスプログラム」の知見を活かした機能を追加し、より日本の社会人に適した支援プログラムを提供します。

2、完全オンラインの遠隔指導(カウンセリング)を、長期6 ヶ月間提供働き盛りである中高年の方でも通いやすいよう、ビデオ通話による完全オンラインで指導(カウンセリング)を行います。これにより仕事を休んで通院することなく、周囲の目も気にせず有資格者のカウンセリングを受けることができます。また、本プログラムでは6 ヶ月間しっかりとサポートを行います。

3、様々な状態に合った医薬品メンタルヘルスの不調が続いている方に起こりやすい胃痛・腹痛・頭痛・不安・不眠などに対して医薬
品の提供をいたします。

※ 本アプリは医療機器ではありません。病気の診断や予防、また治療、抑制などを保証するものではあり
ません。
※ 医薬品の購入にあたっては、薬局の薬剤師から医薬品に関する情報提供をさせて頂きます。

プレスリリース全文はこちらをご覧ください。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000015777.html

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始