【メディア掲載:徳島新聞】医療問題にチャレンジ ヘルスケアビジネスの現在〜医師が起業のベンチャー アプリで病気を治す〜

先日、徳島新聞記者の方と徳島市立高校、徳島文理高校の生徒8名が学生記者として弊社へ訪問取材にお越しくださいました。その時の様子が記事になりましたのでご紹介します。
 
夏休みを利用し、社会が抱える課題にチャレンジする経営者らへの取材とともに、学生自身が感じたことについて取材し、レポートを行なっています。
 
取材を受けた弊社CDO鈴木も、いつもとは違う高校生記者の皆様に囲まれて少し緊張気味でしたが、開発している「治療アプリ」や起業についての質問、様々なご質問・ご意見を頂き、とても良い機会となりました。
 

今後、医療業界への進学も視野に入れている高校生の皆様の眼差しは熱いものがあり、これからの医療の可能性や魅力を少しでも感じて頂ければと思います。 少子高齢化が進んでいく我が国において、その将来を担っていく若い世代に少しでも貢献できたなら嬉しく思います。
 
遠くから取材に来てくださった高校生記者の皆様、ありがとうございました。
 
*写真出典元:徳島新聞

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動