【学会 登壇】第50回日本薬剤師会学術大会ランチョンセミナー

先日10月8〜9日に行われた第50回日本薬剤師会学術大会のランチョンセミナーにて弊社代表佐竹が登壇致しました。

 座長を東京大学大学院薬学系研究科医薬政策学 特任准教の五十嵐 中先生にお務めいただき、「テクノロジーを用いた新しい薬局モデルの展望〜薬剤師によるモバイルヘルス活用の最新事例〜」というテーマで、近年注目を集める「健康サポート薬局」の運営にも資する形でのモバイルヘルスの活用事例をご紹介させて頂きました。

当日は、200名にも及ぶ多くの方々に聞いて頂き、とても有難い機会となりました。
当日のアジェンダとして、こちらをご紹介させて頂きました。

・医療インフォマティクス
・スマホアプリを活用したデジタル療法について
・国内外における事例・エビデンスのご紹介
・テクノロジーを用いた新しい薬局モデルのあり方
・薬局におけるモバイルヘルス活用の最新事例

これからの薬局の形と、その実現にモバイルヘルスがどう活用できるのか、患者様のためにどのようにより効果的なサポートができるようになるのかなど、多くの方に興味を持っていただきました。
今後もこのような機会を通して皆様に新たな医療分野としてのモバイルヘルスの活用をご紹介できればと思っております。


このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得