【メディア掲載】日本経済新聞:「健康経営 ベンチャー商機」



「健康経営」の推進に力を入れる企業が増えており、ベンチャー企業が提案する新しいソリューションを、大手企業が続々と導入しています。

そんな中、弊社が法人向けに提供している「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」が日本経済新聞にて取り上げて頂きました。

詳しくはこちらをご覧ください:
「健康経営  ベンチャー商機」(日本経済新聞)
http://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=B5F3F684AB5B420F8026DE666BB44B6A

ascure(アスキュア)禁煙プログラムについて:
「ascure(アスキュア)禁煙プログラム」は、6ヶ月・完全オンラインの、新しい禁煙プログラムです(https://www.ascure.technology/

「アプリ×指導員×医薬品」の多面的なサポートにより、ニコチンの身体的依存・心理的依存の両面から6ヶ月間に渡って禁煙へ導きます。

今年4月のローンチながら、すでに東証一部上場企業を中心に、多くの企業・健康保険組合に導入が進んでいます。

新しいテクノロジーが生み出す、新しい健康支援ソリューションの創出を目指して、今後も歩みを進めて参ります。

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

日本初の「アプリの治験」開始へ:ニコチン依存症治療アプリ「CureApp禁煙」の治験開始を発表

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動