【メディア掲載 日本経済新聞】「生活習慣病」アプリで治療

日本経済新聞にて、弊社、及び弊社の治療アプリが紹介されました。 
「生活習慣病」アプリで治療」として、実際にアプリを使用頂いた患者様や、ご協力頂いている医師のコメントも掲載されています。
 
既に米国では治療用アプリが実用化され、FDA承認・保険償還を受けたアプリも現れるなど、"Digital Therapeutics"と呼ばれるこの分野が注目を集めています。
日本でも、弊社の「CureApp禁煙」が、このDigital Therapeuticsの領域で日本初となる「アプリの治験」を開始致しました。
 
こういった事例が生まれてきていることから、今後さらに広い領域の生活習慣病に対して、デジタルテクノロジー・アプリの活用によって、より効果的に介入をしていく、というアプローチの創出が進み、従来の医薬品・ハードウェア医療機器では生み出せない治療効果を生み出す「第3の治療手段」として注目を集めていくと思われます。
 
弊社でも、生活習慣病の一つであり、未だ有効な治療法が存在しない「非アルコール性脂肪肝炎(NASH)」に対しての治療アプリを東京大学医学部附属病院様と開発を進めています。
本記事について詳しくは、こちらをご覧ください:
日本経済新聞 「生活習慣病」アプリで治療」

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得