【連載 日経デジタルヘルス】医師・佐竹晃太の「モバイルヘルス」で変わる医療〜ADHDやぜんそくの治療にアプリで挑む〜「子どもの成長」を支える米国スタートアップ事例

日経デジタルヘルス様にて連載させて頂いております本連載。
毎回、モバイルテクノロジーによる新しい医療の可能性や先進事例を紹介しています。

前回は、「『新しい命』を育むモバイルヘルス」と題して、妊娠・出産を支える米国のスタートアップ事例を紹介しましたが、今回は、その命が生まれた後の「子どもの成長」を支えるモバイルヘルスを開発している海外のスタートアップの事例を2つ紹介します。

子育て中には思いもよらぬことが起きるものです。まさか我が子がこんな病気にかかるなんてどうすればいいのか? 薬での治療は副作用が心配! など不安がつきものです。
こうした不安に対して、新しい切り口で解決策を提供する事例が生まれてきています。モバイルヘルスの活用で可能になる育児への貢献、ひいては新しい医療の可能性をお伝えできれば幸いです。

詳しくは、こちらをご覧ください:http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/374506/113000005/?ST=health

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認