事業構想:医師が「アプリ」を処方する時代に〜日本初の治験がスタート〜

未来の社会を創る事業構想を取り上げる「月刊事業構想」にて弊社の「治療アプリ®︎」が、新時代の医療・ヘルスケアビジネスの事例として掲載いただきました。

弊社の「治療アプリ®︎」は、第1弾である「ニコチン依存症(禁煙)治療アプリ」が昨年10月に日本初のアプリの治験を開始し、薬事承認・保険償還を目指した新たな第一歩を踏み出しました。

この「治療アプリ®︎」の可能性は、広く様々な疾患への応用が可能であり、大きな期待を受けていることを感じる機会が増えています。今回、こうした今後の「治療アプリ®︎」の可能性についてもお話をさせていただきました。

詳しくはこちらをご覧ください:https://www.projectdesign.jp/201801/100years-of-life/004324.php

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動