日本の人事部「HRアワード2018」プロフェッショナル部門で「ascure卒煙プログラム」が入賞しました

キュア・アップが提供する法人向けmHealth(モバイルヘルス)プログラム「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」が、日本の人事部主催の「HRアワード2018」のプロフェッショナル部門で入賞いたしました。

HRアワードとは?

日本の人事部「HRアワード」は、人事・人材開発・労務管理などの分野におけるイノベーターを表彰する表彰制度です。素晴らしい成果を残した企業人事部やHRビジネス企業、人事担当者にとって有益だと評価されている書籍やサービスを表彰することで、全ての企業や個人のレベルアップと、人フィールドの活性化を実現することを目的としています。
今回「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」は入賞を果たしましたが、昨日よりスタートした『日本の人事部』正会員(約120,000人)からの投票を受け、最優秀賞をはじめとした様々な賞が今後決まっていきます。
ぜひ、「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」へ、皆様の一票をいただければ幸いです。下記のページから投票いただけます。
http://hr-award.jp/
(こちらのWebサイト最下部「投票はこちら」より投票頂けます)

「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」とは?

「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」は、「医師開発の専用アプリ」「有資格者による指導員によるオンラインカウンセリング」「OTC医薬品の自宅配送」を組み合わせた、全く新しい法人向け禁煙プログラムです。「健康経営」や「働き方改革」に力を入れる多くの法人さまで、利用者を卒煙に導いています。また本プログラムの第2弾としてメンタルヘルス領域の「ascureSPARX メンタルヘルスプログラム」も提供を始めています。

ascure(アスキュア)卒煙プログラム
https://sc.ascure.technology/

ascureSPARXメンタルヘルスプログラム
https://sparx.ascure.technology/
今後もキュア・アップでは、従来の禁煙プログラムが持つ課題に対し、テクノロジーを活用して新しいソリューションを提供し、貢献して参ります。

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認