【メディア掲載】医療白書 特別座談会 〜医療ベンチャーが目指す次世代ヘルスケア〜医師の知見とテクノロジーの力で社会を変革する

  医療のデジタル革命を総力特集した「医療白書2018年度版」の特別座談会にて、「医療ベンチャーが目指す次世代ヘルスケア」をテーマにこれからの医療が医師の知見とテクノロジーの力をどう活用し、医療の発展に貢献できるかについて議論を交わし、掲載されました。

 医療の高度化と高齢化社会によって膨らみ続ける日本の医療費に対して、医師としてはもちろんのこと、現代においてはテクノロジーの力をうまく活用していくことが求められています。
今回はデジタルヘルス分野にて第一線でご活躍をされている方々とご一緒に弊社代表 佐竹もお話をさせていただきました。

司 会:
 西村周三(一般財団法人医療経済研究・社会保険福祉協会医療経済研究機構所長)
出席者:
 池野文昭(MedVenture Partners株式会社取締役チーフメディカルオフィサー)
 石見 陽(メドピア株式会社代表取締役社長CEO)
 髙尾洋之(東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座准教授)
   佐竹晃太(株式会社キュア・アップ代表取締役社長) 


このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動