【メディア掲載】『治療』〜遠隔医療実験例:治療アプリケーション CureApp〜

医師をはじめとする医療従事者に第一線の医療で求められる必要かつ実践的な情報を提供する月刊誌『治療』(南山堂)の 2018年9月号「遠隔医療」の中で、治療アプリケーションについて弊社CDO鈴木が寄稿させていただきました。

 治療アプリケーションとはどのようなものか、実際の機能について例をとって説明する他、定義や作用、臨床的特徴に加え、今後治療アプリケーションが普及する未来の医療のあり方について6ページにわたり述べています。
 
 アプリを使用する患者様はもちろん、医師の診療補助としての機能も有する治療アプリケーションは、医師の時間 / 人数 / 物理的な距離など多くのリソースの制約を越えることを可能にし、医師の活動がさらなる付加価値を持つことができる可能性を持ちます。
 
 また、領域としても禁煙や生活習慣病に限らず、このような制約を抱える多くの疾病において、制約を超えた頻度 / 内容での介入ができるようになることにより、医療がさらなる価値を提供できることになります。
 このような可能性を秘める「治療アプリケーション」。弊社は治療アプリ®️のパイオニアとして「医師がアプリを処方する」日の実現に向けて邁進して参ります。
 

より詳しくご覧になりたい方はこちら:http://www.nanzando.com/journals/chiryo/900009.php (南山堂HP)

このブログの人気の投稿

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認