日本医療ベンチャー協会(JMVA)主催【政府関係者・官公庁・注目医療・ヘルスケアベンチャーが医療・ヘルスケア業界の未来を語る!】

日々急速な発展を見せている医療・ヘルスケア分野。その情報を一元化できるプラットフォームの整備や、国内外の企業と関係省庁等の情報交換・連携・協力のための活動支援を行なっている日本医療ベンチャー協会(JMVA)主催による【政府関係者・官公庁・注目医療・ヘルスケアベンチャーが医療・ヘルスケア業界の未来を語る!】定例会が13日行われました。

今回はJMVA協会の活動報告に加え、内閣官房、厚生労働省、経済産業省の医療・ヘルスケア関連の政策担当者からの最新の政策方針が発表される中、注目ベンチャー企業としてお声がけをいただき、弊社代表の佐竹が「治療アプリ」についてお話をさせていただきました。

主な参加者
  • 内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室 参事官 吉田宏平様
  • 厚生労働省 医政局 経済課 ベンチャー等支援戦略室 室長 飯村康夫様
  • 経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長補佐(情報担当) 高熊万之様
  • 注目医療・ヘルスケアベンチャー企業による講演・パネルディスカッション
  • 株式会社アルム 代表取締役社長 坂野哲平様
  • 株式会社キュア・アップ 代表取締役CEO兼医師 佐竹 晃太
今回、厚生労働省や経済産業省が推進している取り組みや目標も伺うことができ、弊社としてもとても貴重な機会となりました。

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®︎」の研究開発を行う 株式会社キュア・アップ、 総額約15億円の第三者割当増資を実施

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動