【掲載情報】日本経済新聞〜薬代わりにアプリで治療〜医療機器として承認、患者の生活改善へ

従来の医薬品と治療用アプリによる治療法の違いをまとめて頂いている他、昨年治験を終えた弊社のニコチン依存症治療アプリについて、医薬品のみの治療法と医薬品と併用で治療用アプリを用いた場合の頻度・内容や禁煙成功率の違いについても述べられています。
また、弊社の高血圧治療アプリ開発・研究にてお世話になっている自治医科大学循環器内科学部門 苅尾教授の治療用アプリへのコメントも掲載されています。アプリだからこそ可能になる個別化医療の実現へのへの可能性について期待を頂いています。
ぜひご覧ください(リンク先で掲載記事全文をご覧頂けます):https://webreprint.nikkei.co.jp/r/LinkView.aspx?c=EBD91925ECAA4555911F270F74146110

このブログの人気の投稿

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始

【プレスリリース】禁煙理由の第1位「自分のためでなく、家族のため」アプリに新機能も 家族のために「卒煙」を推進する新プロジェクトを始動

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告