【プレスリリース】法人向け禁煙支援の「ascure卒煙プログラム」に新プラン追加妊婦など禁煙補助薬が使えない方も、アプリとカウンセリングで密に支援

医療用「治療アプリ®」︎の研究開発およびその開発知見を活用した法人向けモバイルヘルスプログラム(※)を提供する株式会社キュア・アップ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、法人向け禁煙支援の「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」(https://sc.ascure.technology/)において、妊婦さんや副作用などの理由でお薬が使えない方にも対応した新しい禁煙支援プランの提供を開始したことをご報告いたします。
これまでの禁煙支援では十分な支援が難しく、ご自身の意志の力のみで禁煙に取り組まなければならなかった方々を、医師開発の禁煙支援アプリによる24時間のサポートと専門の指導員によるカウンセリングで卒煙へと導きます。  
今後もキュア・アップでは、より多くの禁煙に取り組まれる方々へ禁煙サポートを届けられるよう、継続的なサービスの改善に取り組んで参ります。

(※)法人向けモバイルヘルスプログラムが提供するサービスは、医療機器・医療行為ではございません。本プログラム及び専用アプリは医療機器ではなく、ニコチン依存症の「治療」を行うものではありません。

「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」の概要と新プランの特徴

従来の禁煙外来・禁煙プログラムが持つ課題に対し、テクノロジーを活用して新しいソリューションを提供する「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」は、「医師開発の専用アプリ」「医療資格を持つ指導員によるオンラインカウンセリング」、「OTC医薬品の自宅配送」を組み合わせ、多面的に完全オンラインで禁煙をサポート、これまで50社を超える法人で導入いただき多くの方々の卒煙をサポートしてまいりました。  
今回、妊婦や禁煙補助薬を使えない参加者様へも十分なご支援ができるようにアプリの改良などを行い、OTC医薬品を使用するプラン(パッチ・ガムから選択)に加え、お薬なしプランをご提供することで、従来の医薬品主体の禁煙支援では十分な支援が難しかった方へも手厚い禁煙サポートが提供できるようになりました。

お薬なしプランの利用者様のイメージ  
  • 妊婦や授乳中の方 
  • お薬の使用が推奨されない喫煙本数が多くない方 
  • お薬の副作用が出やすい方(肌トラブルなど) 
  • お薬の使用が禁忌となる疾患をお持ちの方

株式会社キュア・アップ」について
株式会社キュア・アップは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器創出に向け、研究開発を行い、製造販売を目指すMedTechベンチャーです。
「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ®︎」の開発に取り組んでいます。  
加えて、これらの医療機関向け治療アプリの開発で蓄積した知見を活用した民間法人向けモバイルヘルスプログラムとして「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」、「ascure STEPS 」(特定保健指導対応の生活習慣改善プログラム)を提供しています。  
また、 日本で生み出したモデルをベースに「日本発のデジタルヘルスソリューション」として、順次グローバルにも展開していく予定です。 
【株式会社キュア・アップ 会社概要】
 社名:株式会社キュア・アップ(CureApp,Inc.) 
代表取締役社長:佐竹 晃太 
本社所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町12-5 小伝馬町YSビル4階 
資本・資本準備金:100,000,000円 
設立:2014年7月31日 
事業内容:プログラム医療機器開発、PHR(パーソナルヘルスレコード)事業、モバイルヘルス関連サービス 

このブログの人気の投稿

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始