【講義】聖路加国際大学公衆衛生大学院の医療経済学の講義にて登壇しました

弊社で医師として様々なプロダクトに関わっている谷川朋幸医師が聖路加国際大学公衆衛生大学院の医療経済学の講義にて、スピーカーとしてお話をさせていただきました。

「(デジタルヘルス領域での)リサーチから社会実装へ:事例紹介も含めて」というテーマで、Appleのヘルスケア部門の責任者の保坂様から始まり、しっかりとしたリサーチに基づく最も社会実装が近いデジタルヘルス領域の取り組みとして、弊社及び治療用アプリの可能性についてお話をさせていただきました。

このブログの人気の投稿

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始