【学会】第55回 日本肝臓学会総会2019

 第55回 日本肝臓学会総会にて、弊社にて医療専門職の観点から様々なプロダクトに関わっている谷川医師が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)患者を対象とした治療用アプリケーションの可能性と治療用アプリケーションの介入の多施設前向き単群試験プロトコルについて発表を致しました。
NASH治療の課題治療用アプリにより生まれる新たな治療や、目的や方法についても発表し、当日は多くの方に関心を抱いていることを実感致しました。

このブログの人気の投稿

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告

「治療アプリ®」開発の株式会社キュア・アップ、 高血圧治療アプリについて、 自治医科大学との共同開発・臨床研究を開始