【学会】American Thoracic Society(ATS, 米国胸部学会議) 2019 in Dallas



米国ダラスにて行われたAmerican Thoracic Society(ATS, 米国胸部学会議) 2019にて、弊社のニコチン依存症治療用アプリケーションの開発や臨床研究・治験に医療現場からご協力をいただいている慶應大学医学部 舘野博喜 医師が発表をいたしました。


ニコチン依存症治療用アプリの治験にてアプリの有効性を確認したことをご報告した他、その後に地元TVを含む多くの取材もいただき、現地での関心がとても高いことを改めて感じる機会となりました。

米国を中心に海外では、治療用アプリがFDA承認や保険償還を得る事例が既に存在、エビデンスの蓄積や保険償還型のビジネスモデルが構築されてきています。
弊社も日本で初めてアプリが治療効果をベースに医療機器の承認、保険償還を得られるモデルを構築できるよう、引き続き取り組んで参ります。

このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

自治医科大学と株式会社CureApp 日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始