【寄稿:Modrn Physician】特集:医療✖️新ビジネス 治療アプリの開発・デジタル療法の確立

内科系総合雑誌のModern Physicianの今月号のテーマは医療✖︎新ビジネスと題し、実際に起業した医師へのインタビューにより、起業のきっかけや今後の目標など、ビジネスの側面から医療への貢献を探り紹介しています。

その中で、弊社代表佐竹も取材いただき、<治療アプリの開発・デジタル療法の確立>として、「治療アプリ®」の開発秘話や今後のデジタル療法についてお話しています。

治療用アプリの開発において、臨床現場で経験を積んだ医師の知見が必要なことや、アプリの開発の原点が実際の臨床現場にあったことをお話をしています。

ニコチン依存症のみならず、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)や高血圧についての治療用アプリの開発も行っており、今後もより一層「質の高い医療の提供」に加え、「より良い医療を作り出す」ことを、治療用アプリの開発を通して行っていきたいと考えています。

是非ご覧ください:http://shinkoh-igaku.jp/mokuroku/data/M3907.html

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得