保険者機能を推進する会 特定保健指導応用研究会 にて講演しました


一般社団法人 保険者機能を推進する会主催 特定保健指導応用研究会にて弊社COO 宮田が講演をさせていただきました。
保険者に求められる特保指導の進化や、デジタルテクノロジーによる健康支援の最新事例・成果創出事例についてお話をさせていただきました。

保険者に求められる特保指導への期待と要求は年々高まっており、例えば特定保健指導の実施率が低い場合、ペナルティとして後期高齢者支援金の加算が最大10%に引き上げられます。
また、制度運用の見直しだけでなく「ICTを利用した取り組み」への期待もされている他、今後は実施率のみならず、その後対象者から外れるような改善につながったか、改善は継続しているかを経年データで確認できる「改善とその持続の見える化」といった観点も挙がってくると考えられます。

そのような背景のもと、新たな参加者や確かな成果の創出、そして高い費用対効果・経済性を生み出すモバイルヘルスの可能性について、講演させて頂きました。
デジタルテクノロジーによる健康支援の最新事例と成果創出事例については、特に海外では優れた実績を生み出している事例があります。そういった先進事例をベースに、その仕組みやエビデンスをご紹介した他、国内事例と海外事例の比較についてもお話をしました。
 今回このような機会をいただき、テクノロジーを活用した新たな特定保健指導、生活習慣改善の施策への関心の高さを実際に感じることができ、弊社にとっても今後に活かせる場となりました。

このブログの人気の投稿

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告