【メディア掲載】週刊エコノミスト


週刊エコノミストのスマホ・AI 医療特集にて、弊社が取り上げられました。「アプリで治す」禁煙治療用で初の承認申請 高血圧、不眠症でも続々開発と題した記事の中で、キュア・アップのニコチン依存症治療用アプリの薬事承認申請についてや、弊社代表佐竹のインタビューが掲載されています。

現在の医療に新しい治療効果をもたらす可能性を秘める治療用アプリ。既に米国では、治療用アプリがFDA承認をされ、実際に患者さんのもとへ届いています。
国内では、弊社が国内初の治療用アプリの薬事申請中という段階ですが、日本でも医療機関で医薬品と同じように、「アプリが処方」される世界が近いうちに訪れると確信しています。

掲載誌に関する情報はこちらからご確認ください:
https://www.weekly-economist.com/

オンライン記事は下記からご覧頂けます:
「アプリ」で治す 吸いたい時にアプリが助言、禁煙意欲を維持https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190910/se1/00m/020/025000c
「アプリ」で治す 禁煙治療用で初の承認申請 高血圧、不眠症でも続々開発https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20190910/se1/00m/020/024000c

このブログの人気の投稿

〜高血圧症治療の第一選択※1である生活習慣修正をトータルサポート〜 「アプリ×血圧測定×医師の指導」の6ヶ月指導プログラム※2が保険適用、 9月1日より全国の医療機関に対してサービス販売開始

カーライル、デジタル療法を提供するCureAppへのマイノリティー成長投資を実施

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得