【掲載情報】家庭画報

家庭画報(2019年9月号掲載)、家庭画報.comの、いつ始めても遅すぎることはない!ニコチン依存症を治療し卒煙に導く「禁煙外来」の中で、弊社のニコチン依存症治療用アプリが紹介されました。


記事では、弊社ニコチン依存症治療用アプリの共同研究をしている慶應義塾大学の舘野博喜先生が、タバコの害、ニコチン依存症の病態、禁煙外来やその治療内容についてご紹介をされている他、ニコチン依存症治療用アプリが生み出す新しい禁煙治療の向上についてもお話をされています。

記事にもありますが「禁煙はいつ始めても遅すぎることはなく、寿命も延ばせる 」ものです。弊社もプロダクト・サービスを通し、一人でも多くの方々の禁煙成功、そして健康に貢献していきたいです。

家庭画報掲載号:https://www.sekaibunka.com/buy/exec/buy/backnumber_1.html
家庭画報.com:https://www.kateigaho.com/migaku/55001/2/

このブログの人気の投稿

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認

【重要】セキュリティインシデントに関するご報告

【プレスリリース】第一生命保険・森トラストなどから総額22億円の資金調達を実施