【BSフジ この国の行く末2 #84 #85】佐竹晃太【前編】【後編】デジタル療法

BSフジ この国の行く末2(毎週土曜日18時~18時30分放送)で、「【前編】【後編】デジタル療法」と題し、弊社CEO佐竹晃太を特集して頂きました。

是非、【前編】【後編】合わせてご覧ください。動画はこちらからご覧いただけます。
https://konokuni.jp/#movie

前編では、佐竹が医師という道からCureAppを起業するに至った経緯をお話をしています。
また、2014年の薬事法(現 薬機法)改正により新しい治療法として認められた「治療アプリ®︎」の開発秘話や実際の治療法、禁煙外来の現状などをお話しています。

後編では、CEO佐竹が中国、アメリカ留学中の話を詳しくお話している他、CureApp共同創設者であり、「治療アプリ®︎」開発には欠かせない存在である、医師兼エンジニア CDO 鈴木晋との出会いについて佐竹と鈴木それぞれが当時を振り返りお話をしています。
さらには、弊社の「治療アプリ®︎」開発をするにあたり、開発エンジニアや医師の立場からそれぞれどういう思いで挑んでいるのか、バックグラウンドがそれぞれ違い活躍している社員の思いや「人が全て」と語るCEO佐竹が妥協せずに追求するCureAppの大切な「仲間」に対しての大切な思いについてもお話しています。

最後に、「治療アプリ®︎」の治験を生かして開発した法人向けモバイルヘルスプログラム「ascure卒煙プログラム」「ascure STEPS」についても、健康経営や受動喫煙防止取り組みに対し、導入されている様子もご紹介頂きました。
パーソナライズされた治療アプローチがこれからの医療分野でどう進化し、どう重要なのか、今後の医療展望についても是非ご覧いただけましたら幸いです。


このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認