【メディア掲載一覧】日本初、高血圧領域で「治療アプリ®」国内第3相臨床試験(治験)を開始

先日、弊社が発表した高血圧に対する「治療アプリ®」の第3相多施設共同無作為化比較試験(治験)開始についてのメディア向け報告記者会を行いました。

高血圧は脳心血管病(脳卒中や心疾患)最大のリスク因子であり、高血圧に起因する脳心血管病死亡者数は年間約10万人と推定されています。

日本国内における高血圧患者の推定人口は約4300万人とされ、そのうち適切に血圧がコントロールされているのは、わずか1200万人です※1。
(出典※1:高血圧治療ガイドライン2019[JSH2019] 日本高血圧学会(2019) https://www.jpnsh.jp/guideline.html)

高血圧の治療に不可欠な生活習慣の改善は、患者の意欲や職場・家庭環境などに左右され継続が難しく、同時に医療機関による介入が困難という課題があります。
このような状況の中、モバイルテクノロジーを活用した新しい治療法の「治療アプリ®」は、医学的エビデンスに基づく個別最適化された治療ガイダンスを患者様へ提供し意識・行動変容を促すことで、高血圧の状態から脱する正しい生活習慣の獲得による高い治療効果を導くことを目指します。

今回使用する高血圧治療アプリは、IoT血圧計を用いた血圧モニタリングと生活習慣ログ等のデータから個人の血圧特性と生活習慣を自動分析し、最適な治療ガイダンス(食事、運動、睡眠等に関する知識や行動改善を促すための情報)を提供します。

この度、この「治療アプリ®」国内第3相臨床試験の開始について、多くのメディアにて掲載いただきましたので、下記にて一部ご紹介させていただきます。


その他各紙面・webにて掲載

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得