ニコチン依存症治療アプリ 厚労省部会での薬事承認了承について記者会見を行いました



先日6月19日に、弊社の「ニコチン依存症治療アプリ」が厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会での審議の結果、部会の了承を得ることができました。

そのことを受け、厚生労働省と日本橋ライフサイエンスビルにて2回の記者会見を開催し、記者の方々に国内初となる「治療アプリ®︎」の薬事承認了承についてのご報告と、今後の展望について弊社CEO 佐竹よりお話をさせていただきました。


今回、新型コロナウイルスの影響もあり会場内でのマスク着用や検温にご協力をいただいたり、初めて希望者の方へオンラインでの会見配信も行いました。

ありがたいことに多くのご質問も頂き、関心の高さを改めて感じることができました。
正式に薬事承認されるまではもう少しかかりますが、実際に「アプリが病院で処方される日」へ向かって大きな一歩を踏み出すことができました。


今後も社員一丸となり、進化するテクノロジーを活用した新しい治療を生み出すことで、医療を取り巻く社会課題を解決し、全ての人が安心して質の高い治療を受けられる理想の医療を実現してまいります。

このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得