【コラム】各国で急速に承認されるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(3)

  『 佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療』と題し、前回は治療用アプリの特徴や治療効果ついてお話をさせていただきましたが、今回は各国で急速に承認されるデジタル療法について各国の開発状況や保険償還事例を交えて解説しております。



海外での治療用アプリ開発の取り組みとは

デジタル療法の事例が最初に生み出された米国

各国のデジタル療法の保険償還事例とは



各国で急速に承認されるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(3)
https://medicalai.m3.com/news/201118-series-cureapp3

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去コラム記事はこちらからご覧ください

このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認