8月21日が『治療アプリの日』として記念日登録されました!



2020年8月21日、CureApp開発のニコチン依存症を対象とした治療用アプリである「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」が厚生労働省にて正式に薬事承認され、同年12月1日には薬価収載され保険適用で「医師によるアプリの処方」が開始しました。

 
アジア初の治療用アプリの薬事承認取得、禁煙を対象にした治療用アプリの薬事承認としては世界初となりました。

 そのことを受け、8月21日「治療アプリの日」として記念日登録いたしましたのでお知らせいたします。今後もさらなるデジタル療法の発展へ貢献できるよう努めて参りたいと思います。

(画像:日本記念日協会HPより)


治療用アプリ」とは、一般的に臨床試験や治験を経て治療効果が実証されたソフトウェア医療機器であり、病院にて医師から患者様に処方され使用するもので、高度ソフトウェア技術を基にスマートフォンアプリを通じて治療介入を行うものとなります。
 現在、日本でもニコチン依存症だけでなく、高血圧や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)やアルコール依存症、がんなど様々な疾患に対しても治療用アプリが開発されています。今後、デジタル療法が薬物療法や外科的療法と同じように選択され、治療用アプリが処方されることが当たり前になる日は近いと考えます。

 CureAppは、これからもさらにテクノロジーにより新たな治療効果を創出する「治療アプリ®️」の開発に取り組み、皆様にお届けできるよう邁進して参ります。

※「治療アプリ」は株式会社CureAppの登録商標であり、「治療用アプリ」が一般名称となります。

このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認