【コラム】在庫管理不要、集患効果…、治療用アプリがもたらすクリニック経営への恩恵―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(4)

『 佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療』と題し、前回は各国で急速に承認されるデジタル療法について各国の開発状況や保険償還事例を交えてお話ししましたが、今回はクリニック経営においてデジタル療法を行うことがどのようなメリットに繋がるかについてお話しています。



治療用アプリがクリニック経営にもたらすメリット

診療報酬制度で治療用アプリを用いるメリット

治療用アプリで治療の質と効率が向上する

APSの導入により治療用アプリの処方から管理まで簡単に



在庫管理不要、集患効果…、治療用アプリがもたらすクリニック経営への恩恵―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(4)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去コラム記事はこちらからご覧ください

このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生

<日本初の「アプリの治験」結果を米国胸部学会議2019 で公表> 国内第Ⅲ相臨床試験で禁煙外来におけるニコチン依存症治療用アプリの有効性を確認