【コラム】うつ病、糖尿病、ニコチン依存症…医学会で注目集めるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(5)

佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療』と題し現状の医療が抱える課題や医療格差の拡大、各国のデジタル療法による治療用アプリの開発状況、そしてクリニック経営において治療用アプリを導入した場合に得られるメリットなどをお話しさせていただきました。


近年は治療用アプリを用いたデジタル療法は医学会でも注目を集めつつあり、医学雑誌でも論文が発表される機会が増えています。そこで、今回はデジタル療法の医学研究の現状について紹介したいと思います。


権威ある雑誌でのデジタル療法に関する論文掲載数が増加

進む治療用アプリの医学研究

うつ病の認知行動療法の治療用アプリの治療有効性

糖尿病治療用アプリの臨床研究



うつ病、糖尿病、ニコチン依存症…医学会で注目集めるデジタル療法―佐竹晃太の「治療用アプリとデジタル療法がもたらす新たな医療」(5)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
過去コラム記事はこちらからご覧ください

このブログの人気の投稿

医師が処方する「治療用アプリ」として国内初の薬事承認へ

禁煙治療領域で世界初、治療アプリ®︎の公的医療保険適用を中医協が了承

進むデジタル療法、新しい治療はアプリで行われる時代へ アジア初、医師が処方する「治療用アプリ」が国内で誕生