株式会社CureApp サステナビリティへの取り組みについてのページをオープン

医療に関する社会課題解決に貢献し

「全ての人が安心していつでも良質な医療を享受できる社会」の実現を目指す


株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太 以下、当社)は、当社のサステナビリティへの考えや取り組みについてのページを、コーポレートサイトに新設いたしました。当社が治療用アプリの開発・普及、さらには治療用アプリ産業の成長をリードすることにより、今後様々な疾患へ多様な治療用アプリが開発・上市され、「全ての人が安心していつでも良質な医療を享受できる社会」の実現に貢献して参ります。


当社は『ソフトウェアで「治療」を再創造する』をミッションとして掲げ、事業を運営しています。現在の医療は日々進歩しているものの、未だに解決すべき課題も多く残されており、その中でも特に医療格差、医療費増大、治療空白、医療品質といった4つを大きな社会課題と認識し、CureAppの事業活動を通じて取り組むべきであると考えています。「治療用アプリ」という新たな治療モダリティの社会実装を通じ、すべての人が安心していつでも良質な医療を享受できる社会の実現に尽力して参ります。



新設したサステナビリティへの取り組みページ
https://cureapp.co.jp/sustainability.html





株式会社CureAppについて


 株式会社CureAppは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器創出に向け、研究開発、製造販売をしているMedTechベンチャーです。「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ®︎」の開発に取り組んでいます。2020年8月には、疾患治療用アプリとして国内初となる、ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー「CureApp SC」の薬事承認を取得し、同年12月に保険収載に至りました。


現在、研究開発中の治療アプリ®︎は他に

  • 高血圧治療アプリ(自治医科大学内科学講座循環器内科学部門と共同研究・治験終了・薬事承認申請中)

  • NASH(非アルコール性脂肪肝炎)治療アプリ(東京大学医学部附属病院と共同開発・臨床試験中)

  • アルコール依存症治療アプリ(独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターと共同研究、岡山市立総合医療センター 岡山市立市民病院での臨床試験開始)

  • がん患者支援治療アプリ(第一三共株式会社と共同開発中)

があります。

 加えて、これら医療機関向け治療アプリ®︎の開発で蓄積した知見を活用し、民間法人向けモバイルヘルスプログラムの「ascure卒煙プログラム」、「特定保健指導対応型ascure卒煙プログラム」を提供し、230を超える多くの企業、健康保険組合などに導入をいただいています。また、医療向けと民間法人向けの両方の知見を活かして、健康保険組合、企業、自治体向けにCureApp SC®︎の処方が可能なオンラインの禁煙診療「ascureDr.卒煙TM」の提供もしています。

 

 さらには、日本で生み出したモデルをベースに「日本発のデジタルヘルスソリューション」として、順次グローバルにも展開していく予定です。

 

※「治療アプリ」「CureApp SC」は株式会社CureAppの登録商標です。


このブログの人気の投稿

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

医師が処方する「治療アプリ®︎」の研究開発を行うCureApp 約21億円の資金調達を実施し、累計調達額は64億円に

CureAppと自治医科大学が共同研究を進める高血圧治療アプリ国内第Ⅲ相臨床試験にて主要評価項目を達成