高血圧症に関する疾患啓発ウェブサイトを新規開設

 株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、本日、「高血圧情報サイト」(URL : https://cureapp.co.jp/media/hypertention/)を開設したことをご報告いたします。

「高血圧情報サイト」は高血圧に関する啓発を目的とし、高血圧のリスクを抱える人や、既に高血圧と診断を受けた方に、高血圧の理解促進を図るとともに、多くの方々への周知を目的としています。鹿児島大学大学院 心臓血管・高血圧内科学教授 大石充先生に監修いただき、高血圧の症状、原因、診断、治療方法について理解を深めていただくために開設しました。



高血圧症について

 高血圧は脳心血管病(脳卒中や心疾患)最大のリスク因子であり、高血圧に起因する脳心血管病死亡者数は年間約10万人(*1)と推定されています。日本国内での高血圧者の推定人口は約4300万人(*2)、高血圧に関連する医療費は約1.7兆円(*3)にものぼりますが、継続的に治療を受けていると推測される患者数は約1000万人(*4)であり、全体の1/4にも満たないのが実状です。

*1「人口動態統計の概況」令和元年度調査(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakutei19/dl/15_all.pdf

*2 高血圧治療ガイドライン2019[JSH2019] 日本高血圧学会(2019) https://www.jpnsh.jp/guideline.htm

*3 「国民医療費の概要」平成30年度調査(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-iryohi/18/index.html

*4 「患者調査」平成29年度調査(厚生労働省) 

https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/05.pdf


このブログの人気の投稿

【高血圧症】医師が処方する「治療用アプリ」国内第二弾として薬事承認へ

CureApp 高血圧治療アプリ 治験結果を欧州心臓病学会2021にて発表

高血圧症治療において医師と患者を支援するアプリ 世界初の薬事承認取得