投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

CureAppの法人向けサービス「ascure卒煙プログラム」デジタルヘルス分野の国際学術誌JMIR mHealth and uHealthに掲載

イメージ
CureAppの法人向けサービス「ascure卒煙プログラム」デジタルヘルス分野の国際学術誌JMIR mHealth and uHealthに掲載 禁煙継続率、アプリを含むプログラム継続率ともに良好な結果を確認
株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹晃太)は、一般社団法人CureApp Institute(所在地:長野県北佐久郡 共同代表:佐竹晃太、野村章洋)が当社の製品「ascure(アスキュア)卒煙プログラム」を用いて研究を行い、参加者の良好な禁煙継続率と高いプログラム継続率を示した他、日記記入率などスマートフォンアプリの積極的な使用が禁煙継続率に寄与する可能性を示唆したことを報告します。本研究は、「オンラインカウンセリング」、「OTC医薬品(ニコチンパッチ、ニコチンガム)の自宅配送」、「スマートフォンアプリ」を組み合わせたascure卒煙プログラムの効果を検討するために行われたもので、研究結果を示した論文は米国時間で2020年5月14日、国際学術雑誌である「JMIR mHealth and uHealth」(※1)に掲載されたことを報告いたします。

※1:「JMIR mHealth and uHealth」(JMIR : Journal of Medical Internet Research)は、モバイルヘルスアプリやウェアラブルデバイスなどに関する、論文審査のある国際的なオープンアクセスジャーナルで、インパクトファクターは4.301です。
論文はこちらからご覧いただけます。
URL : https://mhealth.jmir.org/2020/5/e17270/

<研究概要>
ascure卒煙プログラムに登録された成人喫煙者177名を対象に、9~12週目および21~24週目におけるそれぞれの禁煙継続率(※2)とプログラム継続率(※3)を調査しました。また、21~24週目の禁煙継続率に相関する因子の調査も行いました。 禁煙継続率の調査方法は、自宅に郵送する専用の検査機器(※4)を用いて、指導員とのオンライン面談の際に実際に画面の前で禁煙判定の検査を行っていただき、結果を厳密に確認しました。(通常のascure卒煙プログラムと同様の調査方法です) 全参加者の禁煙継続率、プログラム継続率は良好な結果となり、21~24週目の…

テレビ放映一覧〜弊社「ニコチン依存症治療アプリ」の薬事承認了承について〜

イメージ
先日、弊社「ニコチン依存症治療アプリ」の薬事承認について、厚生労働省 薬事・食品衛生審議会 医療機器・体外診断薬部会での審議の結果、部会の了承を得たことを受け、テレビにて放映されましたので、下記一覧をお知らせいたします。

・NHK (NHK NEWS) ・NHK (NEWSきょう一日) ・日テレ (News zero) ・TBS (Nスタ) ・TBS (TBS News) ・BSテレ東 (WBS):https://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_204539/