投稿

10月, 2020の投稿を表示しています

日本初の「治療アプリ®️」品質マネジメント構築に挑戦。子育て中でもやりがいを諦めない働き方とは

イメージ
現在小学生と保育園児を子育て中の本間。 子どもが3歳になり時短勤務がとれなくなる、いわゆる“3歳の壁”にぶつかったのをきっかけに医療業界に足を踏み入れ、CureAppに入社。現在は「治療アプリ®️」の品質マネジメントシステム(QMS)の構築と改善に携わり、やりがいを感じる日々だといいます。 そんな本間にCureAppでの仕事や働き方の魅力について聞きました。 本間未来(ほんま みらい) 保育園運営会社での事務や医師主導治験等の運営組織で研究補助員などを経て、CureAppへ入社。現在はメディカル部にて主に薬事品質管理の業務に携わる 仕事のやりがいも子どもとの時間も大切にできそうと思えた ――CureAppに入社したきっかけを教えてください。 就活時は営業職で入社したものの、個人プレーの仕事のやり方が合わずに退職しました。 それ以降は自分の適性はメンバー同士協力し合ったりサポートするところにあると考え、事務職などを中心に複数社経験しました。 一番長かったのは保育園の運営会社で、保育士の手の回らない仕事について本社で請け負う仕事内容でした。当時は一人目の出産後も仕事を続けていましたが、3歳で時短勤務がとれなくなるなどの壁にぶつかることに。そこで自宅に近い勤務先を探し、医師主導の治験等の運営組織に派遣社員として転職することにしました。 私は元々文系だったのですが、臨床試験にふれる中で徐々に医療の仕事に魅力を感じるようになりました。そして前職の契約期限がきた時に、同じような医療業界で仕事ができればと思いCureAppに転職しました。 一番惹かれたのは事業内容です。 「アプリで治療する」 という言葉を初めて見た時に、一体どういうこと?と単純にすごく興味が湧いて、この仕事をやってみたいと思ったのです。 また偶然目にしたCureAppの社員インタビューで、子育てと仕事を両立しながら、やりがいを持って働いている女性の記事を読み、ここでなら私の求めている働き方ができるかもしれないと思えたのも大きかったです。 チームで一丸となって達成した治療アプリのQMS“適合” ――CureAppでの仕事内容について教えてください。 入社当初は薬事臨床開発部のサポート業務を担当しました。 ニコチン依存症治療アプリの薬事承認申請のための書類作成サポートや、臨床試験の運営サポートなど手が足りないところ

【日経メディカル】CureAppが開発、あらゆる治療用アプリをワンストップで処方 

イメージ
  弊社が先日発表した治療用アプリ処方プラットフォーム 「App Prescription Service」 の医療機関への提供について、日経メディカルに掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 日経メディカル CureAppが開発、あらゆる治療用アプリをワンストップで処方  治療用アプリの共通プラットフォームが提供開始 https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/mem/pub/report/t359/202010/567666.html ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

【Beyond Health】あらゆる治療用アプリを一元管理、CureAppがプラットフォーム提供

イメージ
 弊社が先日発表した治療用アプリ処方プラットフォーム 「App Prescription Service」 の医療機関への提供について、Beyond Healthに掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 Beyond Health あらゆる治療用アプリを一元管理、CureAppがプラットフォーム提供 https://project.nikkeibp.co.jp/behealth/atcl/news/domestic/00042/

React Native EU 2020に参加しました!

イメージ
  CureApp社員がReact Native EU 2020に登壇 React Native の開発に深く関わっている Callstack 社が主催している React Native の技術カンファレンス React Native EU 2020 が先日開かれました。React Native に関するカンファレンスの中では世界で一番大きいイベントであり、React Native の開発元である facebook や React Native の開発に力を入れている Microsoftから最新の情報が発信されます。 今年は新型コロナウイルスの影響もありリモートカンファレンスとしてライブ配信され、世界中の React Native に携わるエンジニアの登壇が行われました。その中の1人として、当社で治療用アプリなどのアプリ開発を担当しているJesseが登壇しました。(Jesseに関するインタビュー記事はこちら: https://www.wantedly.com/companies/cureapp/post_articles/236311 ) CureAppがアプリ開発で大切にしていること 登壇の内容は、クロスプラットフォーム&アーキテクチャ、パフォーマンス、インターフェースの構築、テスト、どのようにして始めるか、データ管理、ショーケースの7つのテーマに分かれています。Jesseはアプリのテストについて発表をしました。 アプリのテストはアプリの内部品質に深く関わる部分となり、CureApp でも開発する上でとても大事にしているトピックとなります。今回の発表では、テストの中でも「アプリの見た目に関するテスト」をどのようにして行えるかについて、「アプリの見た目が常に期待通りであることを担保することによって、意図しない見た目の変更を防ぐことができ、安心して開発をすすめることができる」とお話をしました。 世界中の方にアプリ開発の上で重要な部分をお伝えできたことは、CureAppとしてもとても嬉しく誇らしい機会となりました。

CureAppが治療用アプリ処方プラットフォームを医療機関へ提供開始

イメージ
  CureAppが治療用アプリ処方プラットフォームを医療機関へ提供開始 〜全ての「治療用アプリ」の導入・処方をワンストップでスムーズに実現〜   株式会社CureApp(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐竹 晃太)は、治療用アプリの処方プラットフォームである「App Prescription Service」(以下、APS)の医療機関への提供を開始いたしました。今後は当社製品だけでなく全ての治療用アプリの契約・処方ができるプラットフォームとして日本全国で展開し、医療機関において治療用アプリがワンストップでスムーズに処方される世界を目指してまいります。   APSは、薬事承認取得済みの「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)をはじめとする、今後国内で登場する治療用アプリの導入や処方・管理などをワンストップで行うためのサービスです。医療機関は契約や支払いなども本サービスを通して行えるため、治療用アプリに関する全ての業務がブラウザ上で完結します。  当社製品以外にも対応しているので、今後多数のメーカーから治療用アプリが発売されるようになった際にも 、各アプリごとに 契約やシステム導入をする必要はなく、同一の契約および処方フローで簡便に治療用アプリが処方できます。  なお、医療機関でのご使用には当社との契約が必要となりますが、 現時点では 初期コストおよび利用料無料で全ての機能をご利用頂けます。 医療機関のご導入に関するお問い合わせ先 https://is.gd/hHEgsT APS開発の背景  現在、国内外で治療用アプリの研究・開発が進み、欧米では医療現場で医師によって患者様へ処方されているものがすでに複数登場しています。国内では当社開発の「CureApp SC」が2020年8月にアジア初の薬事承認を受け今年度中の保険適用と販売を目指している他、高血圧症治療用アプリも治験を実施中で2021年の薬事申請を目指しています。また、大手製薬企業も海外治療用アプリベンチャーとのアライアンスを発表する等国内での実用化のための動きを積極的に進めており、今後 10 年のうちに国内でも多数の治療用アプリが販売され、標準的な治療の選択肢の一つとなることが予想されます。  そのような中で、各企業が治療用アプリの導入や処方に関して独

【日経クロストレンド】アジア初、医師処方の治療用アプリ「個別指導」で禁煙成功

イメージ
日経クロストレンド特集  日本版「アフターデジタル」の夜明け 第4回 「アジア初、医師処方の治療用アプリ「個別指導」で禁煙成功」 と題した記事内にて、ニコチン依存症治療アプリを中心にお話しさせて頂いた内容が掲載されましたのでお知らせさせていただきます。 (写真:室川イサオ) 日経クロストレンド アジア初、医師処方の治療用アプリ「個別指導」で禁煙成功 https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/18/00371/00007/?i_cid=nbpnxr_parent ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

国内初の「治療アプリ® 」医療機器承認を受けてブランドサイトをオープン

イメージ
  北極星のように、患者様と医師にとって道しるべとなる存在に 国内初の「治療アプリ® 」医療機器承認を受けてブランドサイトをオープン 治療の最大効果を発揮できる医療を目指して 株式会社CureApp(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐竹晃太)は、治療用アプリが実現する新しい医療の世界を皆さまに分かりやすくお伝えするために、治療用アプリのブランドサイト( https://cureapp.com/ )をオープンいたしました。 ブランドサイト設立の目的    2020年8月、当社の「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」は、治療用アプリとして国内初となる薬事承認を取得し、現在は2020年度中の保険適用と上市を目指し準備を進めています。保険適用されれば、治療を必要とされている多くの患者様のお手元に製品をお届けすることが可能になります。  私たちの生活の中で欠かすことのできない医療は日々進歩し続けています。これまで医薬品、ハードウェア医療機器といった治療法が誕生し普及してきたましたが、新しく誕生したこの治療用アプリを用いた治療(デジタル療法)も、今後医薬品などのように一般的な治療方法になっていくことが予想されます。まだ誕生したばかりこの新しい治療の特徴や秘めている可能性を皆様により分かりやすくイメージしていただけるよう、医療の現場を星空に、治療用アプリを北極星に例えた治療用アプリのコンセプト動画を掲載したブランドサイトをオープンしました。今後は弊社の製品だけでなく、国内で薬事承認を今後受けた他社の治療用アプリなどもご紹介をしていく予定です。 株式会社CureAppについて   株式会社CureAppは、高度なソフトウェア技術と医学的エビデンスに基づいた疾患治療用プログラム医療機器創出に向け、研究開発を行い、製造販売を目指すMedTechベンチャーです。「アプリが病気を治療する効果を持つ」という新しい医療サービスを日本で初めて実現するために、病気を治療するアプリである「治療アプリ®︎」の開発に取り組んでいます。2020年8月には、疾患治療用アプリとして国内初となる、ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー「CureApp SC」の薬事承認を取得しました。  現在、研究開発中の治療アプリは慶應義塾大学医学部内科学(呼吸器)教室と共同開発のニコチン

【コラム】佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療

イメージ
『 佐竹晃太が語る治療用アプリとデジタル療法がもたらす新・医療』 と題し、急速に進む医療のデジタル化、その課題とソリューションについて、お話をさせていただきました。 今回は第一弾として、 薬物療法や医療機器が抱える課題 医療費増大と地域格差拡大の懸念 オンライン診療の利便性と医療の質の両立を目指す についてお話をしておりますので是非、ご覧ください。 https://medicalai.m3.com/news/201016-series-cureapp1 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

【DIAMOND online】薬より開発が格安な「治療用アプリ」の未来、生活習慣病やがんへ展開も

イメージ
DIAMOND online 特集『賢人100人に聞く!日本の未来』にて、弊社CEO佐竹晃太のインタビューが公開されましたので、お知らせさせていただきます。 DIAMOND online 薬より開発が格安な「治療用アプリ」の未来、生活習慣病やがんへ展開も https://diamond.jp/articles/-/249023 ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 治療アプリの世界観を知りたい方はこちら: https://cureapp.com/   承認を取得した治療アプリCureApp SCについて知りたい方はこちら(医療関係者のみ): https://sc.cureapp.com/d/

CureApp OKR Weekが始まりました!〜従業員一丸となってCureAppの未来を考える1週間〜

イメージ
10月5日(月)からの1週間、"CureApp OKR week" が実施されます 近年様々な企業で導入が進むOKRは、米国発の目標設定のフレームワークです。 Objectives and Key Results(目標と主要な結果) の略であり、 O (Objective:成し遂げたいこと)とそれを判断する指標の KR (KeyResult:Oの達成を判断できる指標)から成り立ちます。個々人が設定するOKRはプロジェクトごとのOKRに、そしてそれらは会社全体のOKRに紐づきます。 各プロジェクトごとの目標だけでなく、会社全体でどう進んでいくのかについてより明確に想いを持って各自の業務に取り組んでもらえるようCureAppも2016年よりOKRを導入。2017年11月からはOKR weekをスタートし、既に4年以上が経ちます。さらに、当社では上長との面談であるCFRも頻繁に行い、OKRの進捗や相談ごとなどが話しやすい環境も整えています。 "CureApp OKR week" とは このOKRを設定する CureApp OKR week が本日からスタートしました。 CureApp OKR week では、プロジェクトごとの前期の振り返りと今期の目標について議論をし、そこで決定したOKRを全社へ発表します。当社では日頃より医師や看護師、エンジニア、臨床開発、事業開発など多様なバックグラウンドを持つメンバーが様々なプロジェクトに関わりながら働いていますが、プロジェクトに関わる全員が1週間を通してこの会議に参加し、経営陣も新入社員も関係なくCureAppの一員としてフラットに意見を出しあいます。 現在は100名近くなった従業員が一同に集まり行われる CureApp OKR week は、現在はリモートが中心での実施となっています。形は柔軟に変えつつもこのような時間を大切にし、今後も テクノロジーの力で治療を進化させ、医療を取り巻く社会的課題を解決し、理想の医療を実現すること を目指していけるよう、一丸となって邁進してまいります。 前回の詳しいOKR記事はこちらからご覧ください: https://www.wantedly.com/companies/cureapp/post_articles/142528